中国神話 童話・民話・戯曲

日本とは違う?中国の「西遊記」

更新日:

Pocket

古いものだと1978年には堺正章さん、最新だと2006年には香取慎吾さん主演でドラマ化された「西遊記」。

優れた僧・三蔵法師とサル・孫悟空、河童・沙悟浄、ブタ・猪八戒の3人の弟子が天竺へ経典を届けに行く珍道中、という日本でもおなじみのストーリーですよね。

けれど、日本では当たり前となったストーリーや設定、実はかなりアレンジされていることを知っていましたか?

今回は、作品が生まれた本場中国の「西遊記」を紹介します。

意外な新事実があらわになるかも?

画像出典:yamacom

いろいろ違う中国の西遊記

画像出典:pinterest

「西遊記」は、中国で16世紀の明の時代に成立した伝奇小説です。天竺に経典を届ける使命を持った三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒の弟子を従え、旅の途中でさまざまな困難を乗り越えるという物語。

作者は当時の役人であった呉承恩と伝えられていますが、明確には分かっていません。

「三国志演義」「水滸伝」「金瓶梅」と並んで、「中国四大奇書」と呼ばれています。

「西遊記」のあらすじ

花果山の石から生まれた石ザルは400年の間サルの王として君臨する美猴王(びこうおう)。

ある日「仏と神と仙人は死なない」と聞きます。仙人に弟子入りし、仙術を学んだ美猴王は、不老不死と孫悟空という名前を授かります

孫悟空は、72通りの変化の術を覚え、長さが自由自在に変わる如意金箍棒 (にょいきんこぼう、通称:如意棒) も手に入れます。けれど力を得た孫悟空の傍若無人な振る舞いは天界の目にとまり、釈迦如来の5本の指を変えた五行山に閉じ込められます。

400年後、下界の乱れを感じた釈迦如来は自分が持っている経典を立派な僧に託したいと思い、観音菩薩にふさわしい人物を選ぶように命じます。

観音菩薩は、元は天界の役人だったものの、天界の宝物である瑠璃の杯を落としたことによって下界に追放された妖怪と、元は天界の軍人だったものの、女神に手を出したことで追放され、下界であやまってブタから生まれてしまった妖怪を選びます。

そしてそれぞれに「沙悟浄」「猪悟能」という名前を与え、経典を運ぶ者の弟子になるよう命じます

また、経典を託すにふさわしい人物に「三蔵」という名前を与え、旅に出るように命じます

旅に出た三蔵法師は、道中で五行山に封印されていた孫悟空、元は天界を追われた龍であり、罪を償うために馬となった玉龍、沙悟浄、猪悟能 (八戒) を仲間に加え、天竺を目指します

画像出典:pinteres

ここが違う!? 日本と中国の西遊記

出典:pinterest

沙悟浄は、河童じゃない!?

日本では河童として親しまれている沙悟浄ですが沙悟浄は、「川に住んでいる妖怪」と描写されているだけで、原作での容姿は、赤い髪に赤い瞳 (ただし、三蔵法師に弟子入りした後は剃っています) 、藍色は肌を持った妖怪です。

日本では、川に住んでいるという設定から、日本人にも分かりやすいように河童と解釈されたようです。

猪八戒は、ブタじゃなかった!?

今では、「猪八戒=ブタ」という共通認識がありますが、江戸時代などではイノシシと思われていました。

中国語では「猪」はブタのことを指しますが、日本では文字通りに解釈するとイノシシですよね。猪八戒をブタだと正しく訳されたのは、1931年が初めてでした。
 


世界観は受け継がれている? いろいろな西遊記

出典:pinterest

願いを叶える秘宝を集める「ドラゴンボール」では、「西遊記」をモチーフにした登場人物やアイテムが登場します。主人公の孫悟空はその名前の通りの孫悟空、ヒロインのブルマは三蔵法師、スケベな子豚のウーロンは猪八戒、元盗賊のヤムチャは沙悟浄など。

禁じられた実験を阻止するために天竺へ向かう「最遊記」では、多くのキャラクターや設定が「西遊記」をベースにしています。ジープで移動していたり、現代のものが登場することも。

西遊記妖怪の逆襲2

本場中国で製作された西遊記。はじまりのはじまりや孫悟空 vs 白骨夫人など、アクション映画に定評のある面白み満載の大作がズラリ。はじまりのはじまりの続編「妖怪の逆襲2」は「セブンソード」「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」など多数のヒット作を手がけるツイ・ハークが監督。


西遊記(上) (福音館古典童話シリーズ) [ 呉承恩 ]

まとめ

出典:pinterest

西遊記は日本だけではなく、世界各国でもさまざまなアレンジがされているそうです。

韓国では孫悟空がヌンチャクを武器にしたり、はたまた死亡したり。ドイツとアメリカでは、美少女の観音菩薩と三蔵法師が恋愛しています。 ん? なんか想像しづらいけど、面白そう。
 


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.