旧約聖書 怪獣・魔物・妖精

リバイアサン、映画になる、召喚獣になる、海中の悪魔「レヴィアタン」とは

更新日:

キリスト教の七つの大罪「嫉妬」を代表する悪魔・レヴィアタン。

英語表記であるリバ(ヴァ)イアサンは、ピューリタン革命を生きたイギリスの思想家・ホップズの著作名としても有名ですよね。「学校の歴史の授業で聞いたことがある!」という方も多いのでは?

今回は、そんな海中の悪魔・レヴィアタンをご紹介。悪魔だけじゃない、意外な一面も見えてきますよ~!

画像出典:pinterest

嫉妬を司る悪魔、海のドラゴンリバイアサン

出典:カラパイア

レヴィアタンは、『ヨブ記』『詩編』『イザヤ書』などの旧約聖書に登場する海蛇のような怪物。時代が進むにつれ、悪魔としてとらえられるようになりました。

天地創造の際、神がカバのような怪物・ベヒモスと同時に5日目に造り出した怪物で、ベヒモスと2頭1対だといわれています。

レヴィアタンが海、ベヒモスが陸をつかさどり、「最後の審判」の日には人々を滅ぼす存在となります。その後、神に殺され、生き残った人々に食料として与えられる運命です。

最終的に食料となるかわり、終末の日が来るまでは、最強の存在となります。あらゆる攻撃をはね返す強固な鱗を持ち、眼から光を、口からは炎を放つとも。心臓は石のように堅く、槍でも突き刺すことはできません。性格は凶暴

大きさは、巨大すぎて、泳ぐだけで海が荒れ狂うといいます。

神は当初、レヴィアタンのつがいを作り、海のすべての生物の頂点に立たせました。しかし、雌雄いたのでは海がその内レヴィアタンだらけになってしまい、危険であると判断オスを殺し、メスのみを生かしました。

レヴィアタンは、旧約聖書が初出ではなく、他の神話から語り継がれた怪物です。シリアのカナン地方で誕生したウガリット神話では、死神・モートの使い魔として登場。「リタン(ロタン)」と呼ばれ、7つの頭を持つ海のドラゴンとして描かれています。

他にも、メソポタミア神話の女神・ティアマトと設定の類似性があります。

中世以降は、悪魔として見られるようになりました。レヴィアタンは、教会によって神に敵対する存在とされ、地獄に追放されたという設定に。地獄の支配者の一員となり、嫉妬をつかさどる悪魔となりました。

ちなみに、フランスの小説家であるコラン・ド・プランシーの『地獄の大辞典』では、地獄の海軍提督の座についています。


創作物でも怖れられるリバイアサン

画像出典:pinterest

海を代表する怪物であることから、様々な作品に出演しています。

大塚英志の漫画『リヴァイアサン』では、主人公が5人分の死体をつないで造られたレヴィアタン(リバイアサン)という設定。終末の東京を舞台に、主人公たちの戦いを描きます。

スクウェア・エニックスのゲーム『ファイナルファンタジー』では、召喚獣として登場。
巨大な海のドラゴンの形態をしています。


[100円便OK]【新品】【PS4】【通】ファイナルファンタジーXV 通常版【RCP】[在庫品]

まとめ

出典:神ゲー攻略

悪魔のレヴィアタンは、もとは海の怪物だったんですね。

最終的には、食べられちゃうというのがなんとも。堅い心臓なんて、どうやって調理するんでしょうか。火であぶる?

怪物、悪魔、いろいろな顔があるレヴィアタン。今後、また新しい側面を見せてくれるかもしれません。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.