現象・歳時記・その他

お正月や節句、お盆や彼岸、そしてクリスマス。日本にも様々な季節の行事が存在します。けれどその謂れ(いわれ、由縁)についてはよくわからない状態。
そんな様々な行事の持つ意味や古来よりのしきたりなどをご紹介。
また、怪奇現象や神話や伝説上の出来事などについても興味深いところです

「現象・歳時記・その他」 一覧

「ら行」の記事一覧です。

立春(りっしゅん)2/4、立春から始まる一年とは。立春の頃の風習や行事

2020/01/20  

節分の翌日は立春、暦の上ではこの日から春のスタートです。
梅の花も咲き始め、ウグイスも鳴き始める立春の頃の風習や主な行事とは

立冬(りっとう)11/8とは。立冬の頃の風習、七五三・亥の子・えびす講の由来は

2019/10/26  

立冬、冷え込みも更に増し、冬の気配が感じられる頃。暦の上ではこの日から冬が始まり、立春の前日までが冬の期間です。

立秋(りっしゅう)」とは。2019年は8月8日、立秋の風習や主な行事

2019/07/23  

秋の気配が立つ、立秋。まだまだ続く猛暑にも秋の気配が感じられ始める頃。

立夏-4

立夏(りっか)」とは。 二十四節気、日本にある季節の節目

2019/04/10  

ゴールデンウが終わると、夏が立つ、夏が始まる季節になります。「カエルが鳴く頃」、「葵祭」や「神田祭」など日本各地で祭りの季節の到来でもあります。

ラグナロク、トールもオーディーンも死に絶える、北欧神話での「神々の終焉」

2018/08/21  

北欧神話には神々の終焉を意味する「ラグナロク」という最終戦争が起こるという予言があります。その「ラグナログ」の実態を徹底究明

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.