日本神話・伝説

「古事記」(712年)、「日本書紀」(720年)、「風土記」(713年)に記された高天原の神々の物語(高天原神話)。
日本には高天原神話以外にも、アイヌや琉球には独自の神話が存在する他に、日本各地に古くから語り継がれている多くの民話も存在します。
物語は 天地が造られた天地開闢(てんちかいびゃく)、
イザナギとイザナミの国生み
アマテラスとスサノオの天の岩戸のエピソードにつながってゆきます。

「日本神話・伝説」 一覧

『7SEEDS』(セブンシーズ)、3/26 セカンドシーズン開始! ―季語とはー

2020/02/24  

壮大で奇抜な構想で熱い読者に支持される感動作『7SEEDS』(セブンシーズ)。アニメ化されたセカンドシーズンが3月26日スタートです。少女漫画の域を超えたその壮大な構想とは。

啓蟄(けいちつ)3/5、虫たちも目覚める、啓蟄の頃の風習や行事

2020/02/22  

啓蟄の頃、冬眠していた昆虫や動物たちも目覚め、いよいよ全ての生命の活動が活発になり始める時期の到来です。
野山では蜂や蝶も飛び交い、街でも門前に咲く沈丁花の香りが、道行く人に春の訪れを告げています。

小野小町、驚きの小町伝説とは。絶世の美女の哀しい女心とその末路

2020/02/16  

絶世の美女と謳われた小野小町。歌人としても名をあげた才色兼備な平安の美女、小野小町に注目です。
様々に伝えられるオドロキな小町伝説とは。

紫式部、平安時代の才媛。雅な(?)恋愛事情と「源氏物語」が生まれるまで

2020/02/07  

紫式部は『源氏物語』の作者。平安時代とは、ホントに絵巻や『源氏物語』に見るような自由恋愛であった時代なのか。紫式部が生きて『源氏物語』を生んだ生涯とは。

雨水(うすい)2/19、雨水の頃の風習や行事。全国の梅の名所は

2020/02/04  

雨水、雪が雨に変わり、氷が溶けて水に変わる頃。雨水の頃の風習や行事、全国の梅の名所のご紹介

夜叉、神か鬼か妖怪か。黒になる白になる犬になる、夜叉の正体とは

2020/02/02  

夜叉は本来は恐ろしい様相の人肉を喰らう鬼。けれど、精霊でもあり、仏教では頼もしい守護神です。

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』2/21 公開! ―殺人鬼の定義―

2020/01/30  

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』2月21日公開です!スマホを落としたことで再び起こる恐怖体験。
刑事加賀谷、新たなヒーローは迫り来る闇の手から恋人を守りきれるのか!!?

「虚構推理」ミステリ大賞受賞作品、アニメ放送中! ―妖怪一反木綿とは―

2020/01/27  

河童や落武者、一反木綿など、日本古来の妖怪たちが、いま風アニメ「虚構推理」に登場です。知恵の神の化身・岩永琴子と不死の身体を持つ人ならざる者・桜川九郎が解き明かす謎とは

立春(りっしゅん)2/4、立春から始まる一年とは。立春の頃の風習や行事

2020/01/20  

節分の翌日は立春、暦の上ではこの日から春のスタートです。
梅の花も咲き始め、ウグイスも鳴き始める立春の頃の風習や主な行事とは

大寒(だいかん)1/20、寒仕込み、厄払いとは。大寒の頃の風習や行事。

2020/01/07  

冬の季語で氷が張りつめる音を「氷の声」と表現します。霜は「霜の声」、雪は「雪の声」。 いかにも霜や雪や氷の妖精の話し声であるようにイメージします。 大寒、寒極まる時期。けれど、この時期だからこそ見られ ...

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.