ケルト神話 神・英雄・怪人

「バロル」、ケルト神話の死の神、ひとつ目の巨人

更新日:

ファンタジー作品で眼にまつわる能力はたくさん出てきますが、神話だと、ギリシャ神話の見たものを石化させる魔眼を持つメデューサが有名ですよね。

実は、ケルト神話には、メデューサよりも強力な魔眼を持つ神様がいるんです。

視線で相手を殺すことができる死神、その名はバロル。

今回は、運命に翻弄された魔眼の持ち主・バロルに迫っていきたいと思います。

画像出典:pixiv

直死の魔眼・バロル

出典:RE+nessance

バロルは、アイルランドの巨人族・フィモール族の王、視線で相手を殺害する魔眼の持ち主です。

子どもの頃、バロルは父のドルイド僧が魔術の儀式の準備をしているところを見ていました。そして、魔法の薬草の毒煙が片眼に入ってしまい、視線で殺害することができる魔眼を手に入れることになります。

開けているだけで相手を殺してしまうため魔眼は普段は閉じられています。年を重ねていくにつれて重くなっていくので、晩年には開けるためには4人の男の助けが必要になったほどです。

バロルはフィモール族の王となり一族を支配していましたが、ある日、「いつか自分の孫に殺される」という予言を受けます。

そのために娘・エスリンに子どもを産ませないように塔に幽閉してしまいます。ですが、ダーナ神族の医術の神であるディアン・ケヒトの息子・キアンが女装して塔に忍びこみ、エスリンを妊娠させます。

エスリンは3人の子どもを産みますが、怒ったバロルによって子どもは海に投げこまれました。しかし、後の太陽神・ルーだけは生き残り、海神のマナナン・マクリルの養子として育てられました。

一方、当時アイルランドを支配していたダーナ神族は、彼らの王である戦神・ヌアザが戦で負傷し、ダーナ神族とフィモール族の混血のブレスが王の座を引き継いでいました。

ブレスは重税を課すなどの圧政をしき、国中から不満の声が出ます。回復したヌアザが王に返り咲くと、不満だったブレスはバロルを後ろ盾にし、ダーナ神族に戦いを挑みました。

魔眼によって、ヌアザなどの敵を死に追いやっていくバロルですが、一瞬の隙をつかれ、ダーナ神族の戦士となっていた孫・ルーの手によって魔眼を射抜かれてしまいます

バロルの眼は地面に転がり落ち、発動した魔眼は後ろに控えていたフィモール族を全滅させたと伝えられています。

その後、残ったフィモール族はアイルランドから追放されたといいます。



殺すだけじゃないバロルの魔眼

画像出典:マンガ好き.com

鈴木央の漫画『七つの大罪』では、強さを数値化するアイテムとして、バロルの魔眼が登場します。

 

皆川亮二の漫画『ARMS』では、秘密組織の最高幹部の女性が「バロルの魔眼」という能力を持っています。ホログラムやレーザー光線を操り、幻想と現実を混同させる力です。


ARMS(1)【電子書籍】[ 七月鏡一 ]

 


【新品】【本】図説ケルト神話伝説物語 マイケル・ケリガン/著 高尾菜つこ/訳

まとめ

見ただけで相手を殺せる魔眼なんて最強ですが、それを倒したルーも素晴らしいですよね~。

ルーの息子は、ケルト神話の英雄であるクー・フーリンですが、これはある意味、強さの遺伝子が受け継がれているということでしょうか?

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.