ケルト神話 神・英雄・怪人

円卓の騎士、アーサー王の円卓に並ぶ騎士のご紹介

更新日:

選定の剣を引き抜いたところから始まる、ケルト神話の華やかなアーサー王伝説。

しかし、これはアーサー王のみでは成り立ちません。物語を彩る個性豊かな登場人物たちによって支えられているのです。

今回は、アーサー王に仕えた円卓の騎士たちをご紹介。個性豊かな騎士たちをどうぞ、ご覧あれ。

画像出典:pinterest

個性的すぎる円卓の騎士

アーサー王の拠点であるキャメロット城には、座る者の身分の上下をなくすため、上座下座がない円卓 (円いテーブル) がありました。

円卓の騎士は、アーサー王に仕えた騎士のうち、円卓に座ることを許された精鋭の騎士を指します。

円卓の騎士の人数は諸説あり、12人いたとも25人いたともされます。新しく空席ができた時に限られて迎えられます。席に座るにふさわしい武勇がなければ、アーサー王の師匠である魔術師・マーリンが席にかけた魔法によって吹き飛ばされ、座れません。

画像出典:水に書かれている

12人の円卓の騎士たちって?

出典:pinterest

  1. ランスロット   ランスロット、アーサー王から最も信頼されながらも、王妃・ギネヴィアと不倫、アーサー王を破滅に追い込んだ人物です。湖の乙女に育てられたため、湖の騎士と呼ばれました。
  2. ガウェイン    ガウェインは勇敢な騎士、その冒険譚は『ガウェイン卿と緑の騎士』などで知られています。午前中は力が3倍になるという特殊能力があります。
  3. パーシヴァル   パーシヴァルは槍の達人、聖杯探索をした人物です。最初に聖杯を見つけるものの手に取れず失敗、その後ギャラハッド、ボールスと共に再び探索に出たことで、聖杯を手に入れました
  4. ギャラハッド   ギャラハッドはランスロットの息子、聖杯探索で最も活躍した人物です。生まれる前にマーリンから「父であるランスロットを越え、聖杯を見つけるだろう」と予言されました。予言の通り聖杯を手に取り、最も穢れのない騎士として世を去りました。
  5. ベディヴィエール  ベディヴィエールは、隻腕の槍使いです。アーサー王とモードレッドが戦った、カムランの戦いを生き残り、アーサー王の命を受けて聖剣エクスかリバーを湖の貴婦人に返還しました。
  6. トリスタン    トリスタンは、『トリスタンとイゾルデ』でおなじみの武勇にあふれた騎士です。
  7. ケイ       ケイは、アーサー王の義兄で忠臣として描かれています。アーサー王が選定の剣を抜く原因となりました。巨人を討伐したなどの伝説が残っています。
  8. ガレス      ガレスはランスロットによって殺害されました。ガレスの死がガウェインとランスロットを仲たがいさせ、アーサー王の死にもつながっていきま
  9. ラモラック    ラモラックは、選定の剣を折ったペリノア王の息子で、ランスロット、トリスタンに次ぐ優秀な騎士です。モルゴースとの恋愛でも知られています。
  10. ボールス    ボールスは聖杯探索をした騎士の1人です。ギャラハッド、パーシヴァルが旅の途中に亡くなり、唯一生き残った騎士としてアーサー王に聖杯について報告しました。
  11. モードレッド  モードレッドアーサー王を裏切って謀反を起こし、カムランの戦いで相討ちになり、死亡しました。
  12. アグラヴェイン モードレッドと共にランスロットと王妃の不倫を告発した人物です。多くの文献で「邪悪な騎士」として扱われています


アーサー王と円卓の騎士 (福音館古典童話シリーズ) [ S・ラニア ]



創作作品ではおなじみの円卓の騎士

出典:pinterest

円卓の騎士はさまざま作品に登場します。

Fateシリーズでは、ランスロット、ガウェイン、トリスタン、ベディヴィエール、モードレッド、ギャラハッド、アグラヴェインがサーヴァントとして登場。

拡散性ミリオンアーサーでは、ランスロット、ガウェイン、ギャラハッド、モードレッド。100万人のアーサー王がいる世界で、プレイヤーがアーサー王の1人となって戦うゲームです。

FFシリーズ7、14では幻獣ナイツ・オブ・ラウンドとして登場。FF史上でもトップクラスの威力を誇ります。


在庫あり☆[100円便OK]【新品】【PC】ファイナルファンタジーXIV スターターパック for Windows【RCP】FFXIV/FF14/SQEX

まとめ

出典:pinterest

アーサー王を破滅に追い込んだのはランスロット、直接的に打撃を与えたのがモードレッド。

アーサー王伝説を掘り下げていくと、強い敵と戦って死亡した騎士より、円卓内のいざこざで死亡している騎士の方がはるかに多いことが分かります。



Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.