ケルト神話 旧約聖書 武器・アイテム・技

「聖杯伝説」やっぱり気になる、聖杯の行方

更新日:

Pocket

インディージョーンズやダビンチコード、最近ではFateの「聖杯戦争」など、常にテーマとして取り上げられる聖杯。聖書やアーサー王物語以外にも、テンプル騎士団やアドルフ・ヒットラーなど歴史の上でも聖遺物を求める者たちは後を絶ちません。

本当に聖杯は実在するのか、永遠の謎として現代に残る聖杯の行方、検証したいと思います。

画像出典:いぬバカ・ねこバカ

キリストの血を受けた聖なる杯

出典:pinterest

聖杯は、旧約聖書により伝承されている聖遺物の一つで、最後の晩餐の時に使用された後ゴルゴダの丘でキリストがロンギヌスの槍で突かれた時に流れた血を受けとめたとされる杯です。

この杯に注がれた飲み物を飲み干すと、立ちどころに傷や病を癒し、長き命と若さを授けられると伝えられています。旧約聖書では、数ある聖遺物の中でも特に重要なものとして聖杯を挙げています。

現存する聖杯

 現在、聖遺物であるとされる杯が複数存在しています。

・バレンシア大聖堂所蔵 イエスの弟子ペテロが持ち込んだと伝えられています。

・ジェノヴァ大聖堂所蔵 1101年カイサリアで発見

・メトロポリタン美術館所蔵  1910年にアンティオキアで発見

 

聖杯伝説

騎士道文学での聖杯を追い求める物語全般をいいます。

代表的なものが1180年、フランスの詩人クレティアン・ド・トロワ著『ペルスヴァル、あるいは聖杯の物語』。その中で聖杯とは漁夫王の城の食卓で乙女が捧げ持つ飾り立てられた杯

 

聖杯伝説の基本的なあらすじは

漁夫王(カーボネック城の城主ペラム王)が病み、聖杯の騎士は病を癒す聖杯を求める旅に出ます。

トーマスマロニー「アーサー王の死」の中では

聖杯の騎士は、聖杯城の王の娘エレインと騎士ランスロットの息子であるガラハッド。アーサー王の円卓の騎士すべてが探索に向い、ガラハッドを含む3人が聖杯城で聖杯の発見に成功します。ガラハッドは聖杯を奉じて聖地に至りそこで天に召されることになります。

伝説の中での聖杯は通過すると音楽が鳴り美味な食事をもたらすとされています。

 

聖杯の行方

出典:聖杯伝説

聖杯の行方については幾つかの説が有名です。

・ニコラ・プッサンの代表作『アルカディアの牧人たちの絵画にあるヒント

絵画は墓石にラテン語で"Et In Arcadia Ego"(我はアルカディアにもある)と書かれているのを牧人たちが覗き込んでいる姿が描かれています。

・テンプル騎士団

エルサレムは約1000年の間に壊滅します。その後、「十字軍」がエルサレムを奪還。1099年、新しく築かれたエルサレム王国は、聖職者と騎士を兼ねたテンプル騎士団を誕生させます。騎士団は廃墟に埋蔵されていた財宝を発見、その中に聖杯が含まれていたとされています。

・ダビンチコードのラストシーンにあった「ロズリン・チャペル」

トレヴァ・レヴンズクロフトは20年の研究の末に、聖杯はスコットランドのミドロシアン州ロズリンにある『ロズリン・チャペル』の螺旋柱の中にあると発表しています。

このロズリン・チャペルはテンプル騎士団の財宝が地下に埋葬されたと伝えられています。(ただし、のちに調査団が調べた結果聖杯は発見されませんでした)
 


持ち主の願いを叶えるという聖杯

出典:夜更かし工房

Fateシリーズでは、そんな聖杯を求める者同士の戦い「聖杯戦争」を描いています。その中で聖杯は、基本的にはあらゆる願いを叶える願望器として描かれています。様々な種類の聖杯があり、その姿形も効能も多種多様で、中には存在が歪んでしまい、害をなすようになった聖杯も描かれています。


【PS4】Fate/EXTELLA LINK マーベラス [PLJM-16075 PS4フェイトエクステラリンク]

出典:Bing

セーラームーンの第三期には「伝説の聖杯」として出てきます。これを手に入れられると救世主が表れると言われていて、聖杯をめぐっての戦いが繰り広げられていきます。そして、セーラームーンがスーパーセーラームーンになるためのアイテムでもあります。

映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」。聖杯に注がれた飲み物を飲むと、傷や病気が治り、不老長寿をもたらす万能薬として描かれています。この中では本物の聖杯は木の杯として出てきます。


アーサー王の死 中世文学集1 (ちくま文庫) [ トマス・マロリー ]


アーサー王と聖杯の物語

まとめ

出典:ウィキペディア

旧約聖書にもケルト神話にも登場する伝説の最強の器である聖杯。これをゲットした時には願いが叶う。でも、聖杯を手に入れるための争いも多い、なんて、人々の欲望は怖いと考えさせられる杯でもありますね。

 
 


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.