ゲルマン神話 ケルト神話 ギリシャ神話 現象・歳時記・その他

「サバト」恐怖の魔女集会、その実態は

更新日:

「サバト」とはかつてヨーロッパで行なわれていた魔女集会をいいます。人肉を食したり、生贄を捧げるなど、黒魔術や悪魔崇拝などをイメージさせるオカルト的な集会のようにイメージします。実際に集会を行った魔女として多くの女性が拷問の末火あぶりの刑で亡くなっているとか。

今回はその「サバト」について考察します。

出典:mementmori

サバトは魔女の集会

出典:takashi1016

「サバト」とは、ヨーロッパで行われた魔女や悪魔崇拝の集会。 魔宴や魔女の夜会とも呼ばれています

本来はユダヤ教の安息日である「シャバット」が語源とされ、ギリシャ神話の酒の神デュオニソスを称える祭り。酒の上での無礼講的な行動がエスカレートして悪魔や魔女の集会の「サバト」と結び付けられていったと伝えられています。

サバトは反キリスト的な集会、子供や処女の生き血を捧げたり、淫行や乱酒に耽るなど異端的な行為が行われていたとされています。

ルネッサンス全盛期の中世ヨーロッパにおいて、貴婦人の優雅な暮らしを連想させる反面、サバトに参加した罪を告発されて、冤罪で処刑された多くの人々の記録が残されている悲惨な時代でもあったのです。

けれど実際にサバトで異端的な行為が行われていたかどうかの真偽については、疑わしいものとされています。古い俗信が異端者を排除するための都合の良い理由付けとして魔女狩りや魔女裁判が行われ、多くの犠牲者を生んだものと考えられています。

当時魔女とされ告発された人々の多くは偏見や疑惑、妬みなども含んだ冤罪、過酷な拷問によって自白を強要されたための処刑であったことがわかっています。

その原因となったのが「サバトや黒ミサに参加した」という冤罪でした。

日時や場所は

出典:mementmori

サバトの語源はユダヤ教の安息日「シャバット」に由来すると考えられ、安息日の「シャバット」が土曜日であるのと同じに、サバトも土曜の夜に行われるものと考えられています。

光を指す神に反して、夜は闇の世界の住人である悪魔や魔女が活動する時間帯。サバトは真夜中、ひと気のない森の奥や地下で密やかに行われます

概要

出典:mementmori

魔女狩りが行われていた時代の魔女は悪魔と契約を交わし、特別な力を授けられ、人間や家畜に害をなすと信じられていました。土曜の夜には箒に乗り、動物に姿を変えて森の奥に集まり、サバトを開きます。酒や媚薬、幻覚を促す薬を飲み、人肉を喰らいます。

黒ミサはサバトの中で行われる悪魔崇拝の儀式。儀式を仕切る司祭には悪魔が憑依し、人間の子供を生贄として捧げます

上記のような黒ミサやサバトの詳細については記録として残されています。ただし、これらは魔女狩りで尋問を受ける受刑者の証言。異端審問官の言葉通りに証言したものと考えられています。

 15世紀の中世ヨーロッパでは魔女は悪魔に仕え、人間に害を及ぼすものという意識が確立。「サバト」は現実のこととして、魔女は摘発し火炙りの刑にすべき罪として広まってゆきます。

サバトは今も行われている?

出典:mementmori

「サバト」は中世ヨーロッパで「魔女の集会」という認識が定着し、そのため「反キリスト」的な集会は「サバト」と認識されるようになってゆきます。

現代でも異教徒が行う謎めいた饗宴は「サバト」として世界の至る所で催されています。

カルト集団の行う集会から、趣向を凝らした風変わりなパーティーの演出としてなど、様々なサバトが今も行われています。



キャラクターとしてもメディアに登場するサバト

黒瀬サバトはバーチャルYouTuberグループ「空想コード+」VTuber・黒瀬姉弟の弟。年齢21歳、身長179cm、誕生日11月10日の「吸血鬼」

『ウルトラ怪獣擬人化計画』の作品のひとつ『ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕』では西の悪い魔女として登場しています。


ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕1巻【電子書籍】[ ジコウリュウ ]

まとめ

出典:mementmori

中世の頃なら恐怖した「サバト」集会も、今では、様々なイベントのネーミングに使用されています。クラブでの悪魔集会も結構頻繁に催されているよう。

出席する元気(勇気?)はないですが。。。



Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.