ケルト神話 神・英雄・怪人

クー・フーリン、キャスター・邪悪なオルタになるケルトの英雄

投稿日:

Fateシリーズをはじめ、ゲームやアニメでもおなじみのクー・フーリンに注目です。

太陽神ルーの子、半神の英雄として数奇な人生を辿り、その壮絶な死に様には驚愕です。

英雄としての最期が後々に語り継がれるクー・フーリンのその雄姿とは、ご覧ください。

出典:mementmori

 

クー・フーリン、ケルトの大英雄

出典:mementmori

クー・フーリン( Cú Chulainn)は、ケルト神話の半神半人の英雄。父は太陽神ルー。母はコンホヴァル王の妹デヒティネ。 幼名はセタンタ。御者ロイグが駆る愛馬マハとサングレンの二頭立ての戦車に乗り、戦場をかけます。

勇猛果敢で誇り高く、「偉大な戦士となり、その名は遠い時代まで語り継がれる」と予言された、超人的な能力を持つ希代の英雄です。

クー・フリンの生涯

出典:mementmori

ある冬の日、コンホヴォル王の妹デヒテラは太陽神ルーの夢を見ます。ルーはデヒテラに「あなたはまもなく私の子を産むでしょう。生まれてくる子にはセタンタと名付けなさい」と告げます。

クー・フリンの名前の由来

コノア王が鍛冶屋のクランの館に招かれた際、あやまって館に主人の番犬が放たれ、セタンタはこの番犬に襲われ逆に絞め殺してしまいます。愛犬を失い嘆くクランに、セタンタは自分がこの犬の仔を育て、成長するまでの間自分が番犬となってクランの家を守ると約束、その時よりクー・フーリン(クランの猛犬)と呼ばれるようになります。

騎士になる

成長したクー・フーリンはドルイド僧に「今日元服する若者は、エリンに長く語り継がれる偉大な戦士になるが命は儚い」と予言されます。

この言葉を聞いたクー・フーリは、騎士となるべく王の元へと向かいます。

王に謁見しますが、騎士になるにはまだ早いという王にクー・フーリンは槍をへし折り、剣をへし曲げ、自身の力を披露。王はクー・フーリンが騎士になるのを許し、相応しい武器とチャリオットを与えます。

騎士となったクー・フーリンは領主の娘エメルに求婚しますがエメルの父フォーガルはこれを快く思わず、クー・フーリンが影の国の女魔法戦士スカサハのもとへいくようにしむけます

クー・フーリンはスカサハの下で修行を行い、この時共に修行を行った仲間コノートのフェルディアと親友となります。

魔槍ゲイボルグの入手

クー・フーリンはスカサハから厳しい修業で武術と魔術を学び、魔槍ゲイボルグを授かります。

あるときスカサハと同じく魔術に長けたオイフェという女戦士との間に争いが起きます
スカサハは、クー・フーリンを戦いに参加させまいと眠り薬を飲ませますが、丸一日寝てしまう睡眠薬もクー・フーリンには1時間しか効かず、目覚めたクー・フーリンはオイフェの6人の勇士を一打ちで倒してしまいます。

クー・フーリンは戦いでオイフェと一騎討となりオイフェを負かし、彼女を妻とし子供コンラを授かります

英雄クー・フーリンの誕生

クー・フーリンは戦の女神モリガンからも求愛されます。それを拒みますが、モリガンの命を助けることもあり、それ以降モリガンはクー・フリンを助けるようになります

あるとき隣国コナハトの女王メイヴが攻め入ってきます。クーリーの牛争いと呼ばれ、7年間に渡る戦いが始まります。

アルスターの戦士たちは魔女の呪いにより満足に戦えない状態となりますが、神の血を引くクー・フーリンだけが呪いを受けず、たった一人で敵国と戦います。

クー・フーリンの力は凄まじく連戦連勝、業を煮やした女王はクー・フーリンの親友フェルディアを差し向けます
戦わざるを得なかった親友同士の戦いは四日の間続き、最後はクー・フーリンのゲイボルクによってフェルディアは死亡、クー・フーリンは友の遺体を手厚く葬ることになります。

クー・フーリンの死

親友の死から後もクー・フーリンに不幸が続きます。
オイフェの間に生まれた我が子コンラを、それと知らずに殺害

敗戦に着したメイヴはクー・フーリンを抹殺するために罠を仕掛けます

クー・フーリンは自分の名前についている「クー(犬)」を食べないというゲッシュ(誓い)を破らされ、呪いにより半身が痺れてしまいます。その期に敵にゲイボルグを渡すように要求され、それを投げ渡し、敵を倒しますが、同じく投げ返され、愛槍は愛馬マッハ、そしてクー・フーリンを自信を貫きます。内臓が飛び出し、その内臓を水で洗って腹に戻し、最期を悟ったクー・フリンは石柱に自らの体を縛りつけ、息絶えたと伝えられます。

その直後、一羽の鳥がクー・フーリンの肩に止まります。女神モリガンが最後の別れを告げにきたのでした。

容姿・人格

出典:mementmori

クー・フーリンは戦いを好む荒くれ者ではありません。人々を窮地から救うため、友や自分たちの名誉を守るために戦いに挑みます。名誉と節度を重んじ、女を手に掛けることがなかったといいます。

一説には「背が小さく、ヒゲも生えていないくらい若く美しい容姿」と伝えられます。頭髪は三色に染め分けられ、金の王冠のように結い上げた髪は百本の宝石の糸で飾られます。胸には細かく散りばめられた黄金が輝き、左右の頬には両方に四つずつのえくぼ、左右の目には7つの宝玉が輝くという風貌。

けれど戦意で興奮が頂点に達するとまさに豹変髪は逆立ち、筋肉は巨大に膨れ上がり、1つの眼は頭にのめり込み、もう1つの眼は頬に突き出します。大きな唸り声をあげ、コナハトの戦士を恐怖に陥らせたといいます。

クー・フーリン所有アイテム

クー・フーリンはゲイ・ボルグ以外にも多くの武器を所有していました。

  • ゲイ・ボルグ(槍)   スカータハ、あるいはアイフェに授かったとされる魔槍。
  • ルージーン・カサド・ヒャン(剣)   光の剣。ソフド(スフト)の剣と同一であるという説があります
  • 盾            Fuban あるいは Duban と呼ばれる盾
  • 空幻魔杖 デル・フリス  妙技を見せる投げ矢、または早業の杖。
  • 隠れ蓑          ティール・タリンギレの生地でこしらえたマント。養父からの贈り物。

など。


現代でも現役戦士、クー・フーリン

出典:appget

Fate/stay night』でのクー・フーリンは、高い白兵戦の技術とサーヴァント中でも有数とされる敏捷性を持つ槍兵のサーヴァント、物語開始当初から活躍しています。

出典:SSR

ソーシャルゲーム「神姫プロジェクト」でのクー・フーリンは伝説の槍「ゲイボルグ」を持つ神姫。愛犬クランを連れ、強くなるために修行に励みます

 

山岸涼子作「妖精王」。少女アニメファンにはたまらない時代を感じさせない名作。妖精の王国を舞台とした、ライトエルフとダークエルフの争いを描いた、スペクタクルファンタジー。その中でクー・フーリンは赤枝の騎士団を率い、グィンとは深い信頼関係で結ばれた、妖精王の子グィンの第一の従者として登場しています。


妖精王 コミック 全3巻完結セット (白泉社文庫)

クー・フーリンまとめ

出典:mementmori

親友や我が子を己が手にかけ殺してしまう、英雄にあ理がちな不幸です。そしてクー・フーリン自身もまさに英雄らしい最期を遂げる。

多くの英雄が名誉ある死を選びます。

これが良いか悪いかは別として、クー・フーリンは死後ティル・ナ・ノーグに迎え入れられらとか。まあ、めでたし、めでたし、なのでしょうか

 

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.