game 日本神話・伝説 ゲルマン神話・伝説 ケルト神話・伝説 ギリシャ神話・伝説

「ゴースト・オブ・ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」 7/17発売! ―冥府とはー

投稿日:

星4

今話題の新作ゲーム「ゴースト オブ ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」、7月17日ついに発売です!

オープンワールドの、美しく壮大な古(いにしえ)の日本を舞台に繰り広げられる壮絶な戦い。

アクションアドベンジャーゲーム「ゴースト オブ ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」で、戦国の世の日本を堪能です!


「ゴースト オブ ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」の魅力

武士の道から外れ、邪道に落ちた兵「冥人(くろうど)」となれ

文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国(大元)は東方世界の征服をもくろみ、立ちふさがるすべての国を蹂躙していた。

東の果て、日本に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智将、コトゥン・ハーン。ハーンは、侵攻の足掛かりとして対馬に上陸する。

これを防ぐべく集結した対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅。島はたちだが、かろうじて生き延びた一人の武士がいた。

境井 仁(さかい じん)。

仁は、境井家の最後の生き残りとして、たとえ侍の道に反した戦い方に手を染めることになっても対馬の民を守ろうと決意する。

冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、あらゆる手段を使って故郷を敵の手から取り戻すのだ。

公式サイト

 

オープンワールドで再現される美しい日本

本作では、オープンワールドで描かれた中世日本を自由に探索することができる。広大な自然や集落を巡り、さまざまな人々と出会い、多くの地を訪れながら、日本ならではの美しい風景を見出すことができるだろう。

風を受けて揺れる薄(すすき)や静寂に包まれた神社など、日本各地の気候や地形を取り込んで作り込まれたフィールドは、激しい戦いのさなかでもプレイヤーの心を打つはずだ。

公式サイト

 

時代劇さながらの戦いが生み出す興奮

未知の兵器と戦術を使いこなす元軍に立ち向かうため、仁はさまざまな技能を習得し、新たな戦い方を身に付けていくことになる。

敵に決闘を挑めば、一瞬の刀さばきが勝敗を決する時代劇の果し合いのような迫力ある勝負が行える。

弓のスキルを上げて遠距離の敵を次々に仕留めたり、隠密の技を鍛えて姿を隠しながら一人ずつ敵を排除していくことも可能だ。

スキルや武器を組み合わせ、地の利も生かして自分だけの兵法を作り出せ。

公式サイト

 

『ゴースト オブ ツシマ』は、遥か古(いにしえ)の日本で繰り広げられる、アクションアドベンチャーゲーム。製作はスタジオSucker Punch Productions。

1274年の蒙古襲来を題材とした、モンゴル帝国に攻め込まれた対馬が舞台。

武士の道から外れ、“冥人(くろうど)”となって冥府から蘇った境井仁が、民を守るため再び戦いに身を投じ、対馬を敵の手から解き放ちます。

『ゴースト オブ ツシマ』の魅力は

日本の兵法を駆使した苛烈な戦い

例えば、敵に挑めば、戦いは一瞬の刀さばきが勝敗を決することになります。

敵軍を倒すためには、己の技量を磨き、新たな兵法を学ばなくてはなりません。

弓の腕を上げれば弓取(ゆみとり)となって、遠方の敵も仕留めることも可能。

隠密の技を鍛えれば、敵の目を欺き、抜き打ちで斬りかかることもできます。

対馬の地の利を生かし、柔軟な思考で、武器や兵法を組み合わせ、強敵と対峙することが求められます。

 

古(いにしえ)の日本の美しく壮大な景観

『ゴースト オブ ツシマ』の最大の魅力は、舞台の背景となる美しい中世の日本の自然美。

日本の世界観にこだわり抜いて作られた映像は、さながら邦画の世界に遭遇するような臨場感が魅力。

プレイヤーは様々な地を訪れることで、広大な自然や集落、植物や小動物、そして人々と触れ合うことになります。

その進行に関わるのが「風」や樹木、動物などの、かつての日本に存在した自然美。風向きを見て、どの方角に向かえばいいのかを判断。迷った時には「突風」に方角を確認。

未知の地を目指すためには、煙や樹木などを目印に進んでゆきます。

道中には隠しエリアへと導いてくれる鳥や、隠し祭壇へと誘うキツネたちとも遭遇。

 

白黒&フィルムグレイン付きグラフィックモードでかつてのシネマ感覚でのプレイも楽しみのひとつ。


冥府とは

冥府とは霊魂が行くとされる死後の世界

冥界(みょうかい)、冥府(めいふ)、冥土(めいど)、あの世(あのよ)、冥途の府、閻魔庁、地獄をいいます。

 

冥府に含まれる世界は

** 日本神話では **

黄泉 日本神話の死者の世界。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)として登場しています

**日本神話・古神道・神道では **

常世 ー かくりよ(隠世、幽世古くは「常夜」とも表記。「永久」を意味する死後の世界、黄泉もそこにあるとされる永久に変わらない神域。

根の国 ー 日本神話の異界。『古事記』では「根之堅洲國」(ねのかたすくに)・「妣國」(ははのくに)、『日本書紀』では根国(ねのくに)・「底根國」(そこつねのくに)と記されています。

**仏教においては **

彼岸 ー 仏様の住む世界。語源は仏教の『到彼岸(とうひがん)』。三途の川の東側にあるとされるこの世である此岸に対し、西側にあるあの世をいいます

 

**ギリシャ神話の冥府は

ギリシャ神話の冥府は、ハデスが治める天国・エリュシオンと地獄・タルタロスがともに存在する世界

英雄の魂はヘルメス、一般の人はタナトスがその魂をこの世界に運びます

かつては世界の西オケアノスの果て、後には地下深くに存在するといわれるようになります。

 

**北欧神話の冥府 **

北欧神話での冥府は、グドラシルの地下にあるといわれる、ヘルが治める死者の国ヘルへイムを指すと伝えられています

 

**ケルト神話の冥府 **

ケルト神話の冥府は、アンヌン(Annwn)。ウェールズ地方の神話に描かれている異界、あるいは黄泉の世界。アーサー王物語に登場するアヴァロンと同一視されることもあります。

死者を復活させる効力がある、9人の乙女が守る魔法の大釜が存在すると言い伝えられています。

 

「ゴースト オブ ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」まとめ

「ゴースト オブ ツシマ(GHOST OF TSUSHIMA)」の製作に携わったのはサッカーパンチ・プロダクションズのクリエイティブ・ディレクターNate Fox(ネイト・フォックス)氏と、アート/クリエイティブ・ディレクターJason Connell(ジェイソン・コーネル)氏の2人。

日本を堪能するゲームを外人が作ったということが興味深いところ。

これが良い結果になったのか、イマイチな結果になってしまうのか、楽しみです


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.