game 中国神話 怪獣・魔物・妖精

『仁王2』難易度の高さが人気の‘死にゲー’、3/12発売! ―妖怪 姑獲鳥 ―

投稿日:

星4

“戦国死にゲー”としてその難易度の高さが人気となった『仁王』その第2弾『仁王2』が3月12日プレイステ4対応で発売です。

高難度にチャレンジする醍醐味に加え、そのビジュアルの美しさも定評の『仁王』シリーズ。

迫力のバトルに加え、今作では豪華な声優陣による、戦国の世を生き抜くストーリー展開も魅力のひとつ。


『仁王2』の魅力

出典;famitsu

時は1555年、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の時代

人と妖怪の間に生まれた主人公は

美濃の国で暮らしながら、妖怪退治や傭兵に明け暮れていた。

ある日、主人公は凶暴な妖怪を討ち果たすも、

その過程で自身の妖怪としての力も暴走してしまう。

そこへ駆けつけ、主人公の暴走を止めたのは

“霊石”を売り歩く商人、藤吉郎。

二人が戦国時代を”仁王”の如く駆け上がる、「秀吉」の物語の幕開けであった。

公式サイト

出典;famitsu

死力を尽くして強敵と戦う圧倒的な緊張感

襲い来る数多の武士や妖怪たち。常に死と隣り合わせで戦う真剣勝負の緊張感。乗り越えたその先には圧倒的な達成感が待っている

妖の力を解き放て

妖怪の力を持つ半妖の主人公。自らを「妖怪化」することで、ガードを崩す重量攻撃を繰り出すなど、豪快な立ち回りが可能になる。

あなただけの主人公

主人公の容姿を細かく変更可能。豊富な装備品で自分だけのキャラクターを作り出すことができる。

出典;famitsu

侍や妖怪がうごめく和風ダークファンタジー

日本古来の多種多様な妖怪たちが登場するダークファンタジー要素と戦国時代末期の史実が融合した骨太なオリジナルストーリー。のちの豊臣秀吉、「藤吉郎」役には竹中直人さん、オリジナルキャラクターの「無明」役には波瑠さんを起用。

公式サイト

出典;famitsu

高難度の“戦国死にゲー”として人気のダークファンタジーなアクションRPG『仁王』。その第2弾『仁王2』が3年ぶりの発売です!

前作、その緊張感と達成感が人気を集め、世界で275万のセールスを記録しています。

今回は新たな主人公が登場。1555年の戦国の世で、人と妖怪のあいだに生まれた主人公と、“霊石”を売る商人藤吉郎、織田信長、濃姫などが登場。

邪悪な妖怪たちと彼らが生み出す「常闇」の世界など、これまで以上にストーリー展開の醍醐味が期待できそう。

「仁王」の最大の魅力であるバトルにも、 “妖怪化”など、妖怪の力や技を利用することのできる多くの新要素が加えられています。

美しく、リアルな映像の中、「仁王」の持つ「ハードな侍アクション」「ハクスラ」も健在、

高難度なアクションゲームがお好みなら、間違いなくハマる、1作!


妖怪 姑獲鳥

ゲームの中の姑獲鳥は、妖力を帯びた髪を翼のように広げて飛ぶ怪鳥。赤子の死を受け入れられない、強烈な母性が妖怪へと変じた存在

出典:Wikipedia

姑獲鳥は中国伝承の怪鳥です。「夜行遊女」「天帝少女」「乳母鳥」「鬼鳥」とも呼ばれ、260年〜310年頃の中国の王朝西晋代の博物誌『玄中記』にその存在が記述されています。

『玄中記』によると、姑獲鳥は死んだ妊婦が転じた妖怪。その恨みから人間の子供を攫っては自分の子としてしまう。夜の飛び、子供や干した子供の着物に血で印をつけます。狙われた子供は魂を奪われ、無辜疳(むこかん)という病気になると伝えられています。

中国の荊州に多く棲息。子供のような鳴き声を発し、毛を着ると鳥に変身し、毛を脱ぐと女性の姿になる、鬼神の一種

 

『玄中記』には、姑獲鳥にまつわる以下のような伝承が記述されています。

ある男が、その正体が鳥だとは知らず、田で休んでいる娘の羽毛を奪って妻とします。ふたりの間には3人の娘が生まれます。妻は娘たちに羽毛の在処を父から聞き出すよう命じ、羽毛を取り返すと飛び去り、娘たちも後を追ったとされています。

 

江戸時代初頭には、日本の伝承上の妖怪「産女」が中国の妖怪である姑獲鳥と同一視され、「姑獲鳥」と書いて「うぶめ」と読むようになっています。


『仁王』気になるレビュー情報

amazonでの前作「仁王」のレビュー情報です。

イマイチなレビュー

率直な感想はレベルがあがっても全然強くなった感じがない。なぜなら敵がそれに付随してさらに強くなっているから。雑魚敵がぜんぜん雑魚でなくなり、一撃、二発で死んでしまう。なんかもっとレベル上がって、苦労したかいがあったなっていう仕上がりにしてほしい。バランスが悪い。オンラインじゃないユーザーをもっと考えてほしい。オンラインじゃないと希少なアイテム、装備が入りにくい。ほんといらいらが募る。。。

このゲームの特徴
過去にやった死にゲーに比べて今作は1番死んだと思います。
とにかく待ち伏せとトラップが多いです。なので間違いなく1番死んだ死にゲーになりますね。
トロコンに関して
これが少しおかしいです。DLC第三弾のミッションを修羅の道で全てクリアというのが、ありますがDLC全てと本編の全てのミッションをクリアしないと解放されないようになっています。
トロコン目指す方は注意してください。
良かったところ
ストーリーがめちゃくちゃ面白かったです。
史実とフィクションを上手く絡ませたストーリーはすごい面白かったです。

これかなり人選ぶでしょう。
ダークソウルの1人版みたいなゲームで酷すぎます。
なぜレビューが高い…

ただただ硬い敵、理不尽にリーチの長く攻撃も早い敵、落とし穴ばかりのマップ。
面白さを感じる方難しい。即死攻撃や1、2発で死ぬようなのがおもしろいとでも?
あと、死んだら守護霊はずれるのも意味がわかならい。弱体化して頑張って回収してねー(笑)とか。

 

面白いのレビュー

ダクソシリーズが好きな人ならハマるでしょうね。
ハクスラ的な楽しみを求めるならさらにハマると思います。
難易度は高めですが、何度もリトライすればまあクリアできるでしょう。

最初はあまりにも理不尽に死ぬのでコントローラーを何度ぶん投げようとおもったことか(笑い)
やっているうちに敵の動きなどを見きれるようになり 倒したときの達成感がすごいです
まぁ 後半は装備が整えばごりおしできるけどw

正直難しいです ダークソウル系好きな人におすすめです いろんな武器、防具があるのでカスタマイズするのも楽しいです

和風だからか自分的には鬼武者に近いと感じました。
グラフィックが非常に綺麗で武器も多彩、構えも武器毎に三種類有り飽きません。
やり込み要素エンドコンテンツ?も充実していて永く楽しめそうです。

amazon

『仁王2』 まとめ

出典;famitsu

ゲームがヘタッピーな人でも強い敵を倒せた時は嬉しいです。

筆者に‘むずゲー’は無理なので、製作者さん、簡単バージョンも作ってくださぁ〜い

ん? 『仁王』ファンに怒られるか?


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.