ゲルマン神話 神・英雄・怪人 怪獣・魔物・妖精

世界を飲み込む巨狼フェンリル

投稿日:

Pocket

北欧神話の巨狼フェンリル、ラグナログでは主神オーディンを飲み込み、やがて世界をも飲み込むであろうとまで人々を恐怖させる怪物です。

ロキと巨人アンクルボサの息子。弟は大蛇ヨルムガンド、末の妹は冥界の支配者ヘル、まさに恐怖の三兄妹。

今回はその巨狼フェンリルのご紹介です。

世界を震撼させるフェンリルとはどれほどの巨狼であるのか、ご覧ください。

画像出典:wikiwiki.

神々でさえ恐怖する「地を揺らす者」フェンリル

出典:ウィキペディア

フェンリルはロキと巨人アンクルボザの間に生まれた巨大な灰色狼。一説にはロキがアンルボザの心臓を食い、弟の大蛇ヨルムガンドや末の妹冥界の支配者ヘルと共に、自らが作り出した怪物であるとも伝えられています。

その名フェンリルは北欧古語で「地を揺らすもの」を意味し、別名にフローズヴィトニル(Hrodvitnir 悪評高き狼)やヴァナルガンド(Vanargand 破壊の杖)などを持ちます。

フェンリルは生まれて間もなく「神々に災いをもたらす」と予言されますが、外見は特に醜い容姿ではない普通の子狼であったので、神々の監視下のもとで育てられることになります。

性格は極めてどう猛。その気性の激しさに、フェルリンの世話ができるものはただひとり軍神デュールだけであったと伝えられています。

けれど、やがて身体も大きく、力も強くなるフェルリンを放置できなくなり、主神オーディンの命により拘束されることになります。

フェルリンはアームスヴァルトニル湖にあるリングヴィという島で縛られて暮らすことになります。

出典:pixiv

フェルリンの拘束具にはまず、「レージング(革のいましめ」が試されました。けれどフェンリルは軽く引きちぎってしまいます。次に「ドローミ(筋のいましめ」、これも同じく直ぐにちぎられてしまいます。そこで神々はドワーフのドヴェルグ達に作らせた魔法の紐グレイプニルを用います

これは「6つの有り得ない物」、この世には存在しない「猫の足音」「女の顎髭」「山の根元」「熊の神経」「魚の吐息」「鳥の唾液」を材料にして作られた細い絹紐です。

そして神々はフェンリルをリングヴィの島に誘い出します。

「グレイプニルの効果を試すためだけ」と称してフェンリルを縛ろうとします。縛られる条件にフェンリルは、「グレイプニルを引きちぎったら神々は二度と自分には干渉しない事」「グレイプニで縛られている間、誰か一人が自分の口に右腕を差し入れておく事」を要求します。

後の条件にはフェンリルの世話役軍神テュールがためらうことなく右手を差し出します。

フェンリルを縛ったグレイプニルはその魔力でフェンリルを厳しく戒め、謀られたと悟ったフェンリルは即座にテュールの手首を食いちぎって逃走を図ります。神々はあがくフェンリルに足枷「ゲルギャ(拘束)」をはめ、「ギョッル(叫び)」と呼ばれる石に縛り付け、「スヴィティ(打ち付けるもの)」という巨大な石で固定。更に暴れるフェンリルの口に剣を押し込み、下顎に柄、上顎に剣の切っ先でつっかえ棒としました。開いた状態のままのフェンリルの口からは大量の涎が流れ落ちて川となります。それはヴァン(Ván、希望)川と呼ばれます。

ちなみに、フェンリルの拘束に貢献したテュールには、後にドゥエルグ達が作った魔法の義手をオーディンより授蹴られます。

出典:NAVERまとめ

かくしてついにフェンリルはリングヴィの島に拘束され、ラグナログで解放されるまでこの地で長い年月を暮らすことになります。

ラグナロクで解き放たれたフェンリルはオーディンとの対決の場であるヴィーグリーを目指します。目や鼻からは炎を吐き、開けば上顎が天まで届く巨大な身体で疾走します。

オーディンを一飲みにするものの、直後にオーディンの息子・ヴィーザルによって殺害されます。

その様相は下顎を靴で踏みつけられ、上顎を手でつかまれ口から上下に引き裂かれたとも、剣で心臓を貫かれたとも伝えられています

 






敵キャラ、可愛いい牝狼や召喚獣としてご多忙です

出典:pinterest

ファイナルファンタジーシリーズではお馴染み、敵のボスキャラや召喚獣として登場しています。

北欧神話をモチーフとしたRPG『ヴァルキリープロファイル』では全身を金属の鎧で包む敵のボスキャラとして登場。

『テイルズ オブ』シリーズ

『テイルズオブファンタジア』では巨大な狼、『テイルズオブエターニア』、『テイルズオブシンフォニア』では氷の精霊であるセルシウスの相方です

 

神撃のバハムート』ランブルーファンタジーわグルま!』『ヒメキのフェルリンは可愛いキュートな牝狼です。

まとめ

出典:ウィキペディア

巨大狼のフェンリル、大蛇のヨルムンガンド、半屍のヘル、確かにそのままにはしておけない恐怖の三兄妹ですが、ヨルムガンドヘルも醜いという理由で産まれてすぐに海や冥界に捨てられてしまう、可哀想な兄妹とも思えます。

父親ロキと恐怖の三兄妹、ロキ一家とは「お騒がせ家族」では片ずけられない、すごいスケールの驚愕の問題児ファミリーですよね
 






Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.