TV ゲルマン神話 童話・民話・戯曲

人気ゲーム「グリムノーツ」、TVアニメとして只今放送中

投稿日:

星4
Pocket

今年1月から人気ゲーム「グリムノーツ」がテレビアニメとして放送されています。

毎回、お馴染みのグリム童話に新しい解釈が加わって、子供から大人まで楽しめる作品となっています。「運命の書」によって生き方を定められた世界で抗う主人公たち。童話好きも、ゲーマーも、大人も、子供も、新たな運命を切り開く物語、堪能です。

アニメ「グリムノーツ」

出典:anime.eiga

現在放映中の「グリムノーツ」はソーシャルゲームのアニメ版。お馴染みの童話の物語がゲーム化して、新しいストーリーとして展開してゆく。「空白の書」を与えられた定めの中で切り開く未来にはどんな物語が生まれてゆくのか、そんなロマンが満載。童話の世界の中の主人公たちが日本のアニメキャラになるとこんな風になる。ディズニーとはまた違った魅力、そんな世界が味わえる物語です。

あらすじ

人々は生まれたとき1冊の本を与えられる。生まれてから死ぬまで"運命の書"に記載された脚本の通りに生きる宿命。そんな中、空っぽの脚本である“空白の書”をもって生まれたエクスは、同じように“空白の書”をもった仲間、レイナ、タオ、シェインと出会い、自らの役割を見つける旅に出る。これは繰り返し読まれた童話の物語。

公式サイト

人々が「運命の書」によって決められた生き方を定められた世界。そんな世界に住む少年エクスの運命の書には運命が何も書かれていなかった。

隣に住む幼馴染の少女――「シンデレラ」が妖精に見初められ、ドレスを着て舞踏会で王子と出会う日、突然今まで見たことのない怪物が無数現れる。その時に現れたレイナ、タオ、シェインの3人に助けられたエクスはこの世界の知らなかった事実を聞かされ、驚きつつも彼らと共闘し「カオステラー」の起こした騒動を収め、彼らと共に旅立つ。

公式サイト

第一話 「赤ずきんの森」

ひとつの物語を繰り返す世界~想区~をまたいで旅するエクス、レイナ、タオ、シェインたち。
新たな想区へ足を踏み入れた矢先、怪物に襲われている幼い少女を見つける。
村人の話によると、その少女は「赤ずきん」と呼ばれているのだという。
エクスたちは、いずこかへ消えた赤ずきんを助けに森ヘ足を踏み入れるのだが……。

公式サイト

第3話「追憶のシンデレラ」

ストーリーは過去へ遡る。
生まれ故郷で、エクスは幼い頃からシンデレラという少女と日々を過ごしていた。
早くに両親を亡くしたエクス。同じように、母を失ったシンデレラ。二人は互いに支え合い、成長していく。
やがて、シンデレラの運命が叶う夜が近付いて来る。そんな時、エクスは森でレイナという少女と出会う。

公式サイト

 

実はこわい!!、グリム童話のシンデレラ

出典:ウィキペディア

一般に知られている童話の多くの初版本や元となった民話は「戒める」要素も多く、ただ甘く優しい夢物語というわけではありません。その一例「シンデレラ」の原型となるグリム童話の初版本でも一般に語られている物語と幾つもの違いがあります。

 

昔、あるところに幸せに暮らす貴族とその家族がいました。けれど貴族の妻は思い病気にかかり、死の間際に一人娘に「私が死んだらお墓に木の苗木を植えなさい、願い事があるときはその木を揺すって願いなさい」と言い残し、亡くなります

やがて貴族は新しい妻を迎えます。その妻には二人の娘がいて一緒に暮らすことになります。新しい家族は娘にボロの服を着せ、家事仕事をさせ、小間使いのような扱いをします。

娘はいつも灰まみれで雑用に追われるようになり、やがて「灰かぶり」と呼ばれるようになります

月日は経ち、やがて「灰かぶり」が大人になったある日、王宮では王子の妃を選ぶための舞踏会が催されることになります。義理の姉たちは綺麗に着飾って舞踏会に行きます。

出かける間際、灰の中に豆をばら撒くと「帰ってくるまでに豆を綺麗に拾っておいて」そう灰かぶりに命令します。その量は舞踏会が終わるまでに拾えるような量ではありません。灰かぶりが困り果てていた時、2羽の鳩が窓から入って手伝ってくれました

舞踏会に行きたかった灰かぶりは死んだ母のお墓に行き、墓に植えた木を揺すり、自分の不幸を打ち明け、舞踏会に行きたいと願いました

すると、目の前に豪華な衣装が現れました。屋敷の前では立派な馬車が灰かぶりを待っています。灰かぶりは豪華な衣装を着て立派な馬車に乗り、舞踏会に出かけます。

会場では王子が灰かぶりを一目見た瞬間に恋に落ちます。姉たちも王子を虜にしている女性が灰かぶりであるとは気付きません。

その夜王子と灰かぶりは、夢のような時を過ごします。時計が12時を告げると灰かぶりは足早に王宮を後にします。

舞踏会は3日間催され、最後の夜時計が12時を告げます。灰かぶりは小鳥から「12味までには屋敷に戻るように」という忠告を受けていたのです。灰かぶりは慌てて、王宮を後にします。その時階段で履いていた靴が脱げてしまいました。

王子が階段にタールを塗って灰かぶりを帰さないように企んでいたのです。

後に残された王子は灰かぶりの靴に合う女性を探します。

画像出典:ウィキペディア

国中の若い女性に靴を履かせ試させます。

姉たち二人の番となり、上の姉は足のつま先、下の姉はかかとを切り落として靴を合わせようとします。小鳥たちのさえずりで偽物であると見破った王子は最後に灰かぶりに靴を履かせます。けれど、灰かぶりの姿を見た王子には、瞬間に灰かぶりこそ本物の舞踏会の女性であることは判りました。

二人はめでたく結婚、その式に義母と姉たちも参列しようとします。

けれど灰かぶりを助けた小鳥たちはそれを許さず、姉たちの目玉を抉り取ってしまいます

画像出典:ウィキペディア

 






ソーシャルゲーム「グリムノーツ」とは

童話の中のストーリーとゲームの醍醐味が融合。プレイヤー自らが童話の中の物語を切り開いて行きます。

出典: 公式サイト

まとめ

出典:pinterest

子供の頃から慣れ親しんだ物語が意外な展開をする、主人公にはこれまでイメージしなかった側面があった、なんて、物語の展開がしっかり頭に焼き付いてしまっている分、その意外性が楽しい。

これまで馴染みのなかった物語にも、これがきっかけで興味が湧いてくるなんてことも期待できるかもしれません。
 






Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.