ゲルマン神話 神・英雄・怪人

ヴァン神族の魔女、グルヴェイグ

更新日:

Pocket

北欧神話最初の戦争といわれるヴァン戦争は、1人の女性によって引き起こされました。

彼女の名前はグルヴェイグ、ヴァン神族の一員にして神々を堕落させた魔女です。

今回は、そんなグルヴェイグをご紹介します。

画像出典:pinterest

黄金と快楽の魔女・グルヴェイグ

出典:pinterest

グルヴェイグは、ゲルマン神話に登場するヴァン神族の女神です。

名前は「黄金の力」を意味し、一説には神さえも堕落させる黄金の擬人化だとも言われています。ヴァン神族は魔術に長けた一族で、特にグルヴェイグは、性的快感を伴ながら、魂から肉体を解き放つことができるセイズ呪術の使い手でした。

ある時、グルヴェイグはアース神族が暮らすアスガルドを訪れ、アース神族の女神たちにセイズ呪術を教えます。女神たちはセイズ呪術に夢中になり、堕落してしまいました。

アース神族の男神たちはこれを問題視し、グルヴェイグを捕らえて処刑します。

処刑はオージン(オーディン)の館の広間において身体を槍で貫き、火あぶりにするというものでした。しかし、不死身であるグルヴェイグは蘇り、3度目にようやく処刑できました。また、肉体は焼かれましたが、心臓は残り、アース神族のいたずらの神・ロキに食べられたとも伝わっています。

グルヴェイグが処刑されたことを知ったヴァン神族は怒り、アース神族とヴァン神族は戦争を始めます。この戦争をヴァン戦争といい、ゲルマン神話最初の戦争となりました。

ヴァン戦争はお互いの一族が人質を交換することで終結し、これによってアース神族にフレイフレイヤが加わったのです。

出典:pinterest

グルヴェイグは、同じくヴァン神族であった愛の女神・フレイヤであるという考えがあります。フレイヤもセイズ呪術を使えたこと、ノルウェー王朝の歴史書『ヘイムスクリングラ』に「フレイヤがアース神族にセイズ呪術を教えた」という記述があることが理由です。

また、名前の由来でもある「黄金」は、古代ゲルマン人にとって非常に重要なものでした。黄金はステータスの象徴でもありましたが、同時に、黄金に溺れることは堕落であり、恥ずかしいこととされました。

黄金の擬人化でもあるグルヴェイグが何度処刑されても蘇ったのは、神々でさえも黄金に対する欲望には抗えないという意味なのでしょうか。

 


神話の設定を忠実に引き継ぐ

出典:sagaofishtaria.gamerch

ゲルマン神話をテーマにしたゲーム「ヴァルキュリーコネクト」には、女神の1柱として登場しています。フレイヤに容姿が似ており、快楽が大好きな妖艶な魔女です。闇属性と水属性の攻撃が得意です。

 

突如現われた魔神を撃退するゲーム「刻のイシュタリア」には、ユニットとして登場。敵を強力な魔術で攻撃し、味方を回復します。金髪の妖艶な美女で、自身を貫いてみろと敵を誘惑するまさに魔女です。


ゼロからわかる北欧神話 ファンタジーの原点がここにある!/かみゆ歴史編集部【1000円以上送料無料】

 


図解北欧神話

まとめ

出典:publicdomainq

グルヴェイグが黄金の擬人化であるという説は、面白いですよね。

男神たちがグルヴェイグを処刑したのは、本当は自らの黄金への欲望が抑えられなかったかもしれません。そう考えると、欲求の対象物=悪だと思ってしまう神々は、とても人間くさいですね。
 


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.