ゲルマン神話 神・英雄・怪人

ベルセルク又はバーサーカー、オーディンに祝福されし異能の戦士

投稿日:

三浦建太郎の漫画でお馴染みのベルセルクは創造の人物のように思いますが、実は北欧神話の戦士たちで、ゲームのステータスなんかの「バーサーカー」と同じ種族のこと。

なんとなく意外な気がします。

そこで本来のベルセルクに注目です。

オーディンの加護を受けたベルセルクの誕生とその実態、狼男の起源ともなったウールブヘジンとの関係とは

出典:pinterest


ベルセルク(バーサーカー)、異能の戦士

出典:ウィキペディア

ベルセルク( berserk)はノルウェー語。その英語がバーサーカー (berserker) となります。

つまり、ベルセルクとバーサーカーは同一のもの。本来は北欧神話の異能の戦士達を意味し、ウールヴヘジンと並ぶ、または同義語として称され、「野蛮人」「狂戦士」などの一般名詞ともなっています。

出典:pixiv

ベルセルクは北欧の神話・伝承上の戦士たち。

軍神でもある北欧神話の最高神オーディンの加護を受けたとされる戦士、「熊(Ber)の毛皮をまとう(serkr)」ことからその名がついたといわれ、それによって動物の力を得られると考えられていました。

 

ベルセルク(バーサーカー)の誕生

北欧神話では勇敢に戦って戦場で死んだ戦士の魂は、ヴァルキュリアによってオーディンの館ヴァルハラへと導かれます。そして、ラグナログにおいて神々とともに巨人族と戦う戦士エインヘリャルになります

けれど、刑死・病死など、ヴァルキュリアに認められない死に方をすればヘルヘイム(冥界)へ落とされることになります。

エインヘリャルとなった者たちは、毎日訓練のために殺し合うことになります。けれど夕方には蘇生し、夜会にはヴァルキュリアたちとともに宴を催す生活を繰り返します。

戦士たちの中には、エインヘリャルに憧れ、エインヘリャルとなるために蛮勇を競うものもあり、やがて彼らはベルセルクになったといわれています。

 

実在したベルセルク(バーサーカー)

実在の人物、北欧のノルウェーを統一した最初の王、美髪王ハーラル1世(850年頃〜930年頃)は、親衛隊としてベルセルクまたはウールヴヘジンを従えていたと伝えられています。

彼らは狼や熊の毛皮をまといどのような武器でも傷付けることができなかったと伝えられています。

ベルセルク(バーサーカー)は熊となるための儀式を行い、獣の憑依、またはトランス状態に陥ることによって、野獣と化し、どう猛な戦士となったといわれます。

ただし人間としての意識を失い、精神が完全に野獣と化すため、敵味方の区別なく動くもの全てに襲いかかります。そのため、他の兵士から離れた、最前線で戦うことが常とされていました。

 

ウールヴヘジン

北欧神話にはベルセルクと同じに猛獣と化す戦士ウールヴヘジンúlfheðinn(ウルフヘジンが存在、また同義とされています。

ベルセルクが熊björnのシャツserkrを着た者を意味するように、ウールブヘジンは狼úlfrのジャケットheðinnを着た者を意味します。

ベルセルクと同様にオーディンの加護を得て、狼の毛皮をまとい、狼と化し、時には敵に噛みついて勇猛に戦った戦士。

北欧神話の英雄シグムンドは狼に変身して戦ったといわれ、一説には、後に伝わる狼男伝説の原型になったとも伝えられています。

 

ベルセルク(バーサーカー)の末路

ベルセルクやウールブヘジン、動物の毛皮を被り変身した戦士の身体は獣人へと変化したと伝えられています。

その本性は獣のものとなり行動も獣化します。獣人となった戦士は鎧もつけずに凶暴に戦い、自分の持つ盾にも噛みつき、熊や牛を倒すほどの強さだったとされます。

 

やがて、ベルセルクは「無法者」や「野蛮人」をイメージさせるようになります

北欧を含む中世ヨーロッパの兵士は、戦時だけに武器を取って戦う一時的な戦闘者。その多くは農民であったり、傭兵である事が多く、傭兵の中には盗賊や生計のために犯罪にはしった粗暴な者も多くいました。

ベルセルクは傭兵集団とイメージされるようになり、次第に殺人を行う異常な集団として恐れられていくことになります。

 


現代ではバーサーカーとベルセルクは別者?

出典:gbf-wiki

グランブルーファンタジー」のベルセルクは攻撃タイプのジョブ。狼の頭部を兜に、獣のマントを羽織った狂戦士。「受け継がれる意思」で登場、高性能ばあちゃんをウェポンマスターで倒して取得。

 

ロードオブヴァーミリオン」のバーサーカーは長刀を使う使い魔、ツンデレな美少女「ソウル」。

 

ベルセルク」の主人公のガッツは、心の内にかつての友グリフィスに対する激しい憎しみを抱えた戦士。その戦いはまさに闘争本能の塊と化した狂戦士。


一気読み!『ベルセルク』スペシャル編集版第1集 ー黄金時代編ー 363ページ【電子書籍】[ 三浦建太郎 ]

 

ベルセルク(バーサーカー) まとめ

出典:pinterest

人にはどこかに好戦的な何かが存在するだろうと思います。

男性因子?テストステロン?そんなものが多いタイプの人もいます。それが異常に活性化することもあるだろうと思います。

けど、人がトランス状態になるというのがイマイチ理解できません。

本当に獣になれるのか。

まあ、とにかくバーサク化した人間は、もはや人間ではない状態であるのは確かなようで。。。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.