ギリシャ神話 怪獣・魔物・妖精

ニュンペー(ニンフ)、美しすぎるギリシャ神話の妖精たち 

更新日:

ギリシャ神話の中の妖精は若く美しい成熟した女性。神々に愛され、時として翻弄され、人間に恋し、惑わせることもある。万物にやどり、歌い、踊る、妖艶な精霊。

ギリシャ神話の妖精ニュンペーとは、男性が望む官能的な女性を形にしたもののように思います。

画像出典:pinterest

ニュンペー(ニンフ)とは

出典:sue20-momo

ニュムペー(Νύμφη, Nymphē,)英語読みではニンフ(Nymph)。ギリシア・ローマ神話の妖精たち。ギリシア語で「花嫁」や「新婦」を意味します。

リシャ神話の妖精ニュンペーは年を取ることはありません。若い乙女の姿で、山々や木々、泉、森や谷間を守ります

歌や踊りを好み、優美な姿で見るものを魅了します。神の娘や、下級女神であることも多く、日本でいう「八百万の神々」のような存在。

花々を咲かせたり、泉や樹木を守ったり、時として気まぐれに予言をしたり病を治したりなど、人々に恩恵を与えることも多くあります。けれど同時に、人を魔力で惑わせたり、取り憑いて正気を失わせたり、好みの若い男を攫ったりする側面も併せ持っているのです。

彼女たちは多くの場合、神々に仕え、神々に楽器や歌を披露します。神の言葉を人間たちに伝える代弁者の役割を果たしたり、幼い神を育てることもあります。最高神ゼウスもニンフに育てられたひとりです。神々と結婚、出産もします。ポセイドンの妻アムピトリーテーは海の妖精

一説にはヘルメスはニンフを母親に持つ神として伝えられています。

その美しさゆえ、神々から恋愛感情を寄せられる事も多いけれど、神々に対して恋心を抱く事は少ないよう。時に悲劇のヒロインとして、時に怪物に変えられる存在として悲しい結末で終わることが多いようです。

ニュンペーは外見や特徴もそれぞれに違いがあります。木の妖精は優れた身体能力で森を駆け、海の妖精は人魚のように下半身は魚、泉の妖精には予知能力があると伝えられています。

ニュンペー(ニンフ)の寿命

出典:japaneseclass

ニュンペーの中には女神と同一視させるものも多くいますが、女神との決定的な違いがあります。妖精は不老で、長命ですが、不死ではありません

妖精たちには対になるものがあります。木の妖精には木、森の妖精なら森、谷、泉。これらが枯れたり、無くなってしまうと、妖精たちも共に死んでしまいます

ただし、海や水の妖精はそれらが存在する限り、妖精たちも永遠に生き続けることができます。

ニュンペー(ニンフ)の種類

出典:japaneseclass

海の妖精ネーレーイスNereis

ネーレーイスは「海の老人」ネーレウスとティーターンの一族であり海神オーケアノスの娘ドーリスの間に生まれた娘たち。エーゲ海の海底銀の洞窟で父ネーレウスとともに暮らし、イルカなどの海獣の背に乗って海を移動します。

ネーレーイスは妖精の中でも一際美しいことで知られています。

ペルセウスの伝説では、カッシオペイアが自分の娘であるアンドロメダーのほうがネーレーイスよりも美しいと言ったことでポセイドンを怒らせます。

英雄アキレウスの母テティス、アイアコスの妻プサマテーがネーレーイスです。

水の妖精ナーイアスNaias

出典:ウィキペディア

ひとつの泉や湖には少なくともひとりのナーイアスがいます。ナーイアスは主神ゼウスやティーターン族の海神オーケアノスの娘であるという説もあります。

ナーイアスがいる川や泉の水は癒しの効果があるとされ、その水を飲むと病気も回復すると伝えられています。ただし、その水に入ることは冒涜であるとされ、呪われたり気が狂ったりすることもあるので要注意です。

アポロンに恋され、月桂樹になったダフネがナーイアスです。

木の妖精ドリュアス Dryas

木々に宿るドリュアスたちはその木が枯れてしまうと共に死んでしまいます。そのためギリシャ神話の時代の神々は木を傷つける人間を容赦なく懲らしめます。

ドリュアスたちは人前に姿を現すことはほとんどありません。けれど、惹かれた異性の前には緑色した髪の美しい女性としての姿を表し、その男性を木の中に誘い込みます。

その中で1日を過ごすと時として外界では数十年や数百年経ってしまう場合があるようです。

オルペウスの妻エウリュディケーがドリュアスのひとりです。

出典:ウィキペディア

山の妖精オレイアスOread,

出典:ウィキペディア

女神アルテミスの狩猟のお供についているのが山の妖精オレイアスたち。

木霊となったエコーもオレイアスの1柱です。

冥界の妖精ランパスLampas

冥界の妖精ランパスは冥界の女神ヘカテーの忠誠な従者。ヘカテーとともに冥界を松明で照らす役割を担います。彼女たちの松明の光輝は人を狂気に陥れる力を持つと伝えられています。また、ヘカテーと共に鬼魂たちの祝宴やヘカテーの魔法儀式も参加しています。

そのほか

森の妖精アルセイス Alseid,

谷の妖精ナパイアーNapaea,

などがいます


神話でも人間界でも永遠の美女ニュンペー(ニンフ)

出典:dash.shueisha

「隠れたがり希少種族は【調薬】スキルで絆を結ぶ」

話題のフルダイブVRMMORPG 「ライフ・オブ・インフィニット・ワールド」。通称:∞世界。ギルドで受注したクエストで【調薬】スキルの才能を開花させた希少種族ニュンペーの辰砂。自作のポーションで資金稼ぎをしながらイチの街、ニーの街と自由でマイペースな旅を続けていたが、途中オネエな裁縫師"美のカリスマ"と出会い、ゲーム内に隠されていた〈絆システム〉を開放して水龍を仲間すると、次第にプレイヤーやNPCの住人たちからも注目されるようになり……。辰砂は静かにソロプレイを楽しみたいだけなのに【調薬】スキルが人々を魅了してしまう! 「小説家になろう」発の大人気連載作品、遂に書籍化!!

dash.shueisha


隠れたがり希少種族は【調薬】スキルで絆を結ぶ (ダッシュエックス文庫)

 

「幻獣姫」では新プリレアとして登場!! 姫をよみがえらせる「蘇生」のイベント艶技を持っています♪

 

ニュンペー(ニンフ)まとめ

出典:japaneseclass

妖精も様々。ギリシャ神話のニュンペーは官能的な存在。神々に弄ばれ、人間を翻弄させる。「神以下、人間以上な存在」ということになるのでしょうか。

まあ、人間にとっては近づくべきでない要注意な存在であることは確かなよう。

そう思えば、余計に近づいてみたくなるのですが。。。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.