ギリシャ神話 神・英雄・怪人

ベレロポーン、ペガサスに乗り、キマイラを倒した英雄

更新日:

ベレロポーン-1

ベレロポーンは天馬ペガサスを乗りこなし、怪物キマイラを倒した英雄。数々の功績をあげているに、ペガサスやキマイラと比較してもネイムバリュー的にイマイチ感があります。

そこで改めてベレロポーンに焦点を当ててご紹介です。

いかにして乗り手を選ぶペガサスを手に入れることができたのか、怪物キマイラとの壮絶な戦闘、そして、栄光の後に待ち受ける運命とは。ご覧ください。

画像出典:sechin.blog


英雄ベレロポーン

ベレロポーン-2

出典:mikantokidoki

ベレロポーンは古代ギリシャの都市コリントスの王グラウコスの子で、知恵者シーシュポスの孫。本来はヒッポノオスという名でした。ところがある時、誤って兄弟のベレロスを殺してしまいベレロスを殺した者という意味のベレロポーンと呼ばれるようになります。

そうして、罪の清めを受けるため、あるいは罪から逃れるためかティーリュンスの王プロイトスのもとに身を寄せます。

ところがプロイトスの妻、王妃アンテイアがベレロポーンを見初め、誘惑しようとします。けれど拒まれ、腹いせに妃はベレロポーンに犯されそうになったと王に告げます。困惑した王はベレロポーンに彼を殺すようにという手紙を持たせ、リュキア王イオバテースのもとに送ります。

イオバテース王はベレロポーンを9日間歓待し、10日目にプロイトス王の手紙を開きました。手紙を託されたイオバテース王もまた困惑し、自らが手を下すことなく、彼の名誉も守り、命を奪うことができるようベレロポーンにキマイラ退治を命じます

というのは、これまでにキマイラ退治に向かって生きて戻った者は誰もいなかったのです。

 

天馬ペガサスとの出会い

ベレロポーン-3

出典:ウィキペディア

イオバテース王よりキマイラ退治の命を受けたベレロポーンは、自らの力だけでキマイラを倒せるはずもなく途方にくれました。そこで預言者ポリュイドスに助言を求めます。

ポリュイドスは「まずはペガサスを手に入れなさい。ペガサスを捕獲できたらキマイラも倒せるようになる。そのためには女神アテナの神殿を訪れて加護を与えられるよう祈りなさい」と助言します。

ベレロポーンは助言に従い、アテナの神殿を訪れ、昼夜祈りました。そしていつの間にか眠ってしまいます。すると眠りの中にアテナが現れ「あなたにこの黄金の轡(くつわ)を与えます。これでペガサスは捕獲できます」と告げます。そして目覚めたベレロポーンの前に黄金の轡(くつわ)が置かれてありました。

そしてついにペイレネーの泉のほとりで水を飲むペガサスを見つけ、そっと近づきます。

ペガサスはベレロポーンに気付くと、逃げもせず、頭をもたげ、ベレロポーンに従いました

 

キマイラとの戦闘

ベレロポーン-4

出典:ウィキペディア

こうしてペガサスを手に入れたベレロポーンはキマイラ退治に向かいます。

キマイラはガイアの怒りから生まれた巨大な怪物テュポーンと、上半身は美女で下半身は蛇、背中に翼が生えた怪物エキドナの間に生まれました。ライオンの頭と山羊の胴体、蛇の尻尾、口からは火炎を吐き、強靭な肉体を持つ怪物

しばしばリュキアに現れその火炎によって森や田畑を焼き、村々を襲い家畜や人間を獲物にしていました

ペレロボーンは、キマイラを見つけるとペガサスの背から弓を放ちます。キマイラの火炎は天馬には届かず、矢は次々に命中します。そして、ペレロボーンはとどめにキマイラが火炎を吐く際、先端に鉛の塊を付けた槍を投げ火炎の熱で溶けた鉛で喉を塞ぎます。キマイラは窒息し、ついに絶命します。

ペレロボーンはキマイラの頭と蛇の尻尾を切り落とし、王のもとに持ち帰りました。

 

英雄ペレロボーンのおごり

無事にキマイラを退治して帰ってきたベレロポーンを見てリュキア王イオバテースは驚きます。そして再びペレロボーンにソリュモイ人を征服するよう命じます。けれど、ペレロボーンはこれを制圧し、続くアマゾネス討伐の命も難なくこなしてしまいます。そして、ついにはイオバテース自らが雇った傭兵たちも皆殺しにしてしまいます。

イオバテース王もついにベレロポーンは神に愛された英雄であることを認め、ペレロボーンに自らの娘ピロノエーを与え、王国の継承者とすることを約束しました。

そして、ペレロボーンは託された手紙にペレロボーン殺害を託されたことを知り、再びプロイトス王のもとに戻り、王に誤解を訴えました。王は真実を知った後も妻アンテイアをペガサスに乗せ逃がそうとしますが、アンテイアはペガサスに拒まれ亡くなります。

けれどその後、ペレロボーンは自らの力をおごり、ペガサスに乗って天に昇ろうとします。ゼウスの怒りをかい、雷霆に打たれ(あるいはゼウスの放った虻にペガサスが驚き)、落馬

地上へと落ち、視力を失い、足が不自由となり、荒野を彷徨うことになってしまいます。


惑星になったペレロボーン

ベレロポーン-5

出典:ウィキペディア

ペレロボーンは残念ながらゲームやアニメとしての登場がありません。けれどペガサスとの経緯があって、ペガサス座の惑星となっています。

「ペガスス座51番星b」

太陽以外の恒星の軌道を回る惑星として初めて発見された太陽系外惑星。地球からの距離はおよそ50光年。木星の半分ほどの質量を持つ惑星。木星のような巨大ガスでできた惑星です。灼熱状態に加熱され、大気は高温のため赤く発光し、珪酸塩の雲が漂っている星と考えられています。

発見は1995年。惑星の観測に携わったジェフリー・マーシーが「ベレロフォン」と命名。ペガサス座にあるこの惑星の呼び名とされました。

 

そのほか「ベレロフォン」の名はイギリス海軍、アメリカ海軍の軍艦、スタートレックの中でも謎の宇宙船として登場しています。


星と神話 物語で親しむ星の世界

 

ペレロボーンまとめ

ベレロポーン-6

出典:pixiv

成功をおさめた者の「おごり」は世の常。おごらずにいるという事の方が難しいのかもしれません。周囲からチヤホヤされ、欲しい物は手に入る。神に選ばれた存在と思い、全てが叶うと錯覚する。そして転落、ありがちな展開です。

まあ、全てが叶うと思えるほどの成功をおさめたことが無いんでわからないですが。

なるほどなぁ〜、と思う結末です。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.