日本神話 神・英雄・怪人

月読命(つくよみのみこと)、月を司り、夜を統べる神。

更新日:

月読命(つくよみのみこと)とは、日本神話に登場する神様の一柱。天照大神、素戔嗚尊の兄弟神ですが、他の二柱と比較して影が薄いように思います。日本神話の中の記述も多くありません。

そこで今回はそんな謎に包ませた月読命についてご紹介したいと思います。

画像出典:pixiv

「月読命」三貴子の一柱、 月を司り、夜を統べる神

出典:HamaZo

月読命は伊奘諾(イザナギ)が伊邪那美(イザナミ)に追われて黄泉の国から帰ってきた後、伊奘諾の右目から産まれた神様。姉の天照大神弟の素戔嗚尊、月読命の三柱を、伊奘諾が産んだもっとも尊い神として「三貴子」と呼びます。

月読命は夜の神様です。三貴子を産んだ伊奘諾は天照大神に高天原と太陽、月読命に夜と月、素戔嗚尊に海原の統治を命じます

月読命は天照大神素戔嗚尊のように日本神話に頻繁には登場しないため謎が多いですが、「月を読む」という意味の名前から暦との関係も深いとされています。

天照大神が「陽」ならば月読命は「陰」。

月の光のように、夜の闇の一筋の光。つまり、さりげなく人々を導く存在であったのかもしれません。

太古の日本は太陰暦を使用していました。太陰暦は月の満ち欠けに関係し、太陰暦を使用していた日本で月は重要なものだったのです。

月が満ちては欠けるのを繰り返す様子を生と死の反復と重ねあわせ、死と再生に纏わる信仰と結びつけられ、不老不死や四季の変化、暦を司る神としての信仰につながってゆきます

万葉集にも「月読」の名は登場します。月読命は「若返りの水をもたらす神」として詠われています。

出典:八百万の神大図鑑

月と太陽は出会わない

数少ない記述の中のひとつ、「日本書紀」に登場する月読命。

月読命はあるとき天照大神より葦原中国にいる食物の神、保食神(うけもちのかみ)のもとへ行くよう命じられます。

訪れた月読命に保食神は、口から出した食物で歓迎したところ、月読命は「汚らわしい、吐きだしたものを私に差し出すとはどういうことだ」と怒り、保食神を剣で切り殺してしまいます。その死体から牛馬や五穀が生まれました。

けれど保食神を殺した月読命を天照大神は非常に怒り、月と太陽は離れて暮らすようになり、これより昼と夜が分かれたとされています



キャラクターの名前から幻術にまで使われる「ツクヨミ」

 

出典:pixiv

日本神話においては印象深いとは言い難い月読命ですが、一方で漫画やゲームでは使われることが多いのが「ツクヨミ」という言葉です。

有名なのは「NARUTO」光明編イタチの幻術でしょうか。「NARUTO」における「月読」は左目の万華鏡写輪眼の瞳術です。目を合わせた相手を幻術の世界に引きずり込み、時間・空間・質量すらコントロールし、精神にダメージを追わせる拷問を受けさせる術という設定です。

また、「ツバサ・クロニクル」の登場人物にも月読という名がつけられています。メインキャラクターである「黒鋼」のいた「ニホン国」における姫巫女の冠名です。姉の冠名は「天照」ですので、日本神話から姉妹の名前がつけられたことがわかります。

画像出典:Amazon


「日本超古代史」探究“月読命”とは何者か 公開霊言 (OR books) [ 大川隆法 ]


現代語古事記 [ 竹田恒泰 ]

まとめ

出典:pixiv

月と夜を司る謎多き神、月読命。眉目秀麗な神であったとも伝えられています。漫画やアニメではキャラクターの名前だけではなく、技名としても使われます。

「月を読む」と書いて「ツクヨミ」。技名でも名前でも、確かにかっこいい響きですよね。



Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.