日本神話 現象・歳時記・その他

季節の節目(ふしめ)「春分」、日本にある四季を感じていたい。

投稿日:

Pocket

日本には四季があります。

国内にいれば当たり前のように感じる季節の移り変わりも、多くの国からみれば羨まれる自然の恩恵なのかもしれません。

なら、それぞれの季節にある自然をめいっぱい楽しみたいものです。

画像出典:pinterest

春分

出典:pixiv

春分とは二十四節気のひとつ。この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります(厳密には昼の方が若干長いです)。

今年は3月21日が春分の日

春分の日は昭和23年に「自然をたたえ、生命を慈しむ」ことを趣旨とした祝日として施行されました。この日は春の「彼岸の中日」とされ、この日を挟んだ前後7日間が「春のお彼岸」となります。

お彼岸とは雑節のひとつ、雑節とは季節の変わり目を掴むために設けられた暦日(れきじつ)をいいます。

仏教においてこの世を「此岸(しがん)、あの世を「彼岸(ひがん)」といいます。お彼岸には太陽が真東から真西に沈むことで彼岸と此岸が近づくと考えられ、寺院ではこの期間の法要「彼岸会」が行われるようになりました。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さも和らぎ、温和な気候に変わってゆきます

「二十四節気」とは

出典:pinterest

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

encyclopedia


春分の日の行事

出典:pinterest

春季彼岸会

「彼岸」は、「現世を離れ極楽浄土の岸に到る」という意味の仏教の言葉で、彼岸と此岸が近づくと考えられるこの期間、各寺院では法要を行う彼岸会が行われます。

彼岸会は日本でのみ行われる仏事で、平安時代以降行われるようになったと言われています。

彼岸の期間中、多くの人々が墓参りや墓前に花や線香を手向け先祖を供養する姿が見られます。

春分の日には「ぼた餅」を食べる

出典:pinterest

ぼた餅を漢字で「牡丹餅」と書きます。一説には「牡丹が開花する季節に食べるから」というのが由来であるとされています。

ぼた餅に使われる小豆の赤い色は、邪気を払い災難を遠ざける縁起の良い色とされ、江戸時代より先祖供養と結び付いて、庶民の間に広まっていったとされています。

春の彼岸にはぼた餅、秋の彼岸にはおはぎを食べる ―

春のぼた餅が「牡丹餅」に由来するように秋のおはぎは「お萩」と書きます。秋は萩の咲く頃に食べるというのが名前の由来。

ぼた餅がこしあん、おはぎはつぶあんとして区別されたり、もち米の粒の残り具合で区別されることもありますが、原料については同じものを使用します。


伊勢名物 御福餅 8個入り (4個入り × 2個) やわらかな餅の上に二見浦の波を象ったこしあんをまとわせた優しい甘さの 和菓子 伊勢 志摩 お土産

 

まとめ

出典:pinterest

春分の日、桜の便りも聞こえ始めます。「彼岸桜」、散りゆく花として儚いものをイメージするとはいうものの、桜吹雪の舞う自然美はやはりまさに「日本の美」そのもの。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.