日本神話 怪獣・魔物・妖精

「大嶽丸」鬼神魔王、天女に惚れたがための最期

更新日:

日本の三大妖怪として知られ、鬼神魔王とまで称された大嶽丸(おおたけまる)。天女鈴鹿御前に恋したがため武器を奪われ、騙し討ちされ最期を遂げます。

どんなにイカつく力自慢の怪物も美女の魅力にはかなわない?、最強の武器はやはり‘美しさ’?

そんなことを考えさせられる「大嶽丸」伝説のご紹介です。

画像出典:pixiv


鬼神魔王「大嶽丸」伝説

出典:pinterest

大嶽丸(おおたけまる)は、桓武天皇の時代、伊勢と近江の国境にある鈴鹿山一帯を根城としていた日本で最も強大であるとされた鬼神魔王。八岐大蛇の子供という説もある酒呑童子、白面金毛九尾の狐玉藻前と並んで日本三大妖怪に数えられています

室町時代に武芸の神として祀られる坂上田村麻呂によって平定されたと伝えられています。

『世阿弥』作とされる能『田村』では、千手観音によって、「千の御手ごとに千の矢先が雨霰とふりかかつて鬼神の上に乱れ落ち、鬼神はことごとく矢先にかつて討たれた」とあります。

その後、田村麻呂の大嶽丸討伐を題材とする、『鈴鹿の草子』や『田村の草子』ができあがったとされています。

『田村の草子』の「大嶽丸」討伐

出典:usi32

桓武天皇の時代、伊勢の国鈴鹿山に峠を往来する民を襲う大嶽丸という鬼神が出現し、非道の限りを尽くします。当時の帝の命により、坂上田村麻呂が大嶽丸討伐のために三万の軍を率いて鈴鹿山に向かいます。

けれど田村麻呂の軍に対し、大嶽丸は雷鳴を轟かせ、火の雨を降らせて応戦し、討ち取れないまま数年に渡って戦いは続きました。

出典:ウィキペディア

同じく鈴鹿山に天下った鈴鹿御前という天女が住んでいました。大嶽山は鈴鹿御前に恋い焦がれ、美しい男子に変身し毎夜鈴鹿御前の元に通い詰めますが、想いは叶わず 業を煮やしていました。

そんなある日田村麻呂の夢に老人が現れ、鈴鹿御前の存在を告げます

次の日、田村麻呂は夢のお告げに従い鈴鹿山の奥深く入るとひとりの美しい女性に出会います。女性に誘われるままに館を訪れ、契りを交わします。その女性こそ鈴鹿御前でありました。

鈴鹿御前は田村麻呂が鈴鹿山に出没する鬼神を退治するのを助けるために天下ったのでした。

出典:pinterest

鈴鹿御前によると、大嶽山は阿修羅から贈られた「大通連(大とうれん)」「小通連(小とうれん)」「顕明連(けんみょうれん)」の三振り剣「三明の剣」を所有していて、それがあるうちは大嶽丸は倒せないということでした。

そこでふたりはまず大嶽丸からその「三明の剣」を奪うための一計を案じます。

その夜、いつものように鈴鹿御前の元に現れた大嶽丸に鈴鹿御前は告げます。

「田村麻呂という武将から命を狙われています。だから身を守るためにどうぞ貴方の武器を私に貸してください」。そうして首尾よく「三明の剣」のうち「大通連(大とうれん)」「小通連(小とうれん)」を奪うことに成功します。

そしてこの時とばかり田村麻呂が現れ大嶽丸との戦いとなりました。

大嶽丸は身の丈十丈の巨大な鬼神となって眼光鋭い眼差しで田村麻呂を睨み、神通力の全てをもって豪雨のように剣・矛を田村麻呂に浴びせます。

対する田村麻呂は千手観音と毘沙門天の加護を得て応戦。

大嶽丸が数千もの鬼に分身すると田村麻呂の一矢は万の矢に分かれ、数千の鬼を射抜きます。最後に田村麻呂の素早の剣(ソハヤノツルギ)によって大嶽丸を斬首。大嶽丸の首は都へと運ばれました。

出典:pixiv

けれど討ち取られた大嶽丸は天竺へと戻り、三明の剣の「顕明連」の力で再生し、再び鬼神となって陸奥の国に出没することになります。

そして、田村麻呂と鈴鹿御前は再び討伐のために陸奥へと向かいます。

嶽丸は田村麻呂によって二度目の首を落とされ、天へと舞い上がって田村麻呂の兜に食らいつきます。田村麻呂は兜を重ねて被っていたため難を逃れ、大嶽丸の首は平等院に納められることになります。

 

現在も三重県・滋賀県の鈴鹿峠一帯には、坂上田村麻呂による大嶽山討伐の足跡が数多く残されています。


現代ではカワイイ系ギャルにもなれる大嶽丸

出典:大嶽丸

戦国プロヴィデンス」では可愛いギャル。けれど阿修羅王よりその剣技を見込まれた鬼。「大通連」「小通連」を両手に持ち、「顕名連」を念動力で使いこなす世界でただ一人の三刀流の使い手として登場です。

カードバトルRPG「陰陽師〜平安妖絵巻〜」では鈴鹿御前にしつこく求婚する鈴鹿山に住む、宝剣を持つイカツイ鬼。


東北の田村語り (三弥井民俗選書)

 

大嶽丸 まとめ

出典:pixiv

たとえ鬼神でも恋い焦がれた女性に裏切られ、討ち死にするのは残酷なような気もします。

けれど、好きな女に討たれるのなら本望かも。

やはり、巨大な鬼よりも怖いのは「感情」。自分の「想い」のためには、人も神も怪物も「悪」にも「善」にもなれるんですね。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.