日本神話 現象・歳時記・その他

「立夏(りっか)」とは。 二十四節気、日本にある季節の節目

更新日:

ゴールデンウイークが終わるこの時期、いよいよ夏の到来です。

季節を意識することも少なく、いつの間にか過ぎてしまいがちな時期ではありますが、カエルが鳴くころでもあるのです。

けれど、都会に暮らす者にとっては「カエルの鳴き声」も縁遠くなりがち。

季節にもどんどん疎くなるのかなぁ、っと思い知ります。

画像出典:pinterest


立夏

出典:pinterest

「立夏」は二十四節気の7番目、夏の節気の始まりです。

穀雨から数えて15日目ごろ。春分と夏至のちょうど中間にあたります。
暦の上での夏の始まり。この日から次の節気の小満前日までが「立夏」、立秋の前日までが夏になります。

夏が立つ」、ここでの「立」とは新しい季節が始まるということを意味しています。

現在の定気法では太陽黄経が45度のとき。

2019年の立夏は5月6日(月)です。

この頃は晴天の日が続き、天候が安定しています。梅雨になる前のこの時季に夏の準備をしておくといいでしょう。

この季節は田植えの季節です「五月を皐月(さつき)」と呼ぶのは、田植えの時期であるから

田んぼに植えるために、程よい大きさに育った稲の苗を早苗といいます。
田植えの月は、早苗を植える月という意味で「早苗月」といわれ、このさなえつき(早苗月)が省略されて、さつき(皐月)になったのだと伝えられています。

この時期を表す「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」という言葉があります。

これは蛙がはじめて鳴く時節であることを意味しています。都会では縁遠くなったとはいえ、カエルの鳴き声は日本にとっては真夏のセミの声と並ぶ風物詩。

この頃にしかない「カエルの鳴き声に」親しんでみるのも一興です。

 

「二十四節気」とは

出典:pinterest

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

encyclopedia.aceplanning


立夏の頃の行事

出典:pinterest

京都「葵祭」2019年5月15日(水)

「祇園祭」「時代祭」と共に京都三大祭りのひとつ。賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で行われる王朝風俗の伝統が残された祭。葵の花を飾った平安後期の装束での行列が京都の街を練り歩きます。

 

東京「神田祭」2019年5月9日(木)~15日(水)

東京神田明神で行われる祭礼。山王祭、三社祭と並ぶ江戸三大祭のひとつ、京都祇園祭、大阪天神祭と共に日本の三大祭りのひとつにも数えられています。

御輿、山車、武者行列が練り歩く「神幸祭」、妖艶な手古舞も披露される「御輿宮入」、神社の巫女の神楽が見所「例大祭」が行われます。

 

宮城「仙台・青葉まつり」2019年5月18日(土)・19日(日)

仙台市都心部で2日間に渡り、山鉾巡行、神輿渡御、すずめ踊り、武者行列などが催されます。

 

まとめ

出典:pinterest

新緑も眩く、初夏の日差しが心地良いと思える季節、心身のリフレッシュも心掛けたいところ。

五月病の症状も現れるといわれるこの季節だからこそ、カエルの鳴き声や新緑、吹き抜ける風の息吹に意識を傾けたいものです。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.