日本神話 ヒンドゥー教 仏教 怪獣・魔物・妖精

アスラ、阿修羅。釈迦を守護する神は、神に敵対する幻界の魔族

投稿日:

奈良県興福寺の三面六臂像でおなじみ、仏教の神・阿修羅。実は阿修羅は本来、ヒンドゥー教 (バラモン教) の神であることは知っていましたか?

ヒンドゥー教ではアスラと呼ばれる彼らは、仏教では釈迦を守護する神ですが、原典では神々と敵対する魔族なのです。

今回は、ヒンドゥー教の魔族・アスラをご紹介します。多くの神話・宗教に取り入れられながらも、扱いが全く異なるアスラに注目です。

出典:Bing

 

魔族であり最高神・アスラ(阿修羅)

出典:pinterest

アスラとは、インド神話に登場する魔族です。

本来、アスラは神々 (ディーヴァ神族) と同等の地位を持つ存在でした。

インド最後の宗教文献『リグ・ヴェーダ』では、神々に対して幻力・呪力を持った種族がアスラと扱われていました。

しかし、バラモン教がヒンドゥー教に発展した際、ヴィシュヌを中心とする神々への信仰が高まるようになります。同時に、アスラはその暗黒的な能力が注目され、やがて「神々と敵対する魔族」と解釈されるようになりました。

アスラの代表的な神として、天空神・ヴァルナや暴風神・ルドラ、蛇の怪物・ヴリドラが挙げられます。

アスラの語源には解釈がいくつかあり、「存在する、ある」の「as」、「生気、活力」の「asu」、あるいは「神、神格」の「sura (スラ)」に否定の「a」を加えて「a-sura (神ではないもの)」とした、などの説があります。また、『シャタパタ・ブラーフマナ』では、神々は虚偽を退けて真実をとるのに対し、アスラは真実を退けて虚偽をとるといわれています。

出典:forwardpress

アスラの誕生にも複数の説が存在しますが、ヒンドゥー教の聖典『ヴィシュヌ・プラーナ』では、アスラは創造神・ブラフマーの太ももから生まれたというのが一般的です。

現在では、アスラは神々の敵とされていますが、過去に一度、不死の霊薬「アムリタ」を手に入れるため、神々と協力をしたことがあります。

神々とアスラを区切る徹底的な出来事となる、ヒンドゥー教の天地創造神話「乳海攪拌」についてご紹介します。

乳海攪拌 (にゅうかいかくはん)

出典:Bing

世界を支配していた神々ですが、力を蓄えたアスラによって圧され、衰えたことがありました。困った神々はヴィシュヌに相談すると、「不死の霊薬・アムリタを飲めば、力を取り戻すことができるだろう」との助言を受けます。

アムリタを作り出すには、海をかき回さなければなりませんが、これは神々だけでは不可能な作業で、アスラの協力も必要でした。神々とアスラは、アムリタを分け合うことを条件に和解します。

出典:pinterest

ヴィシュヌは竜王・アナンタに命じて、海の中に自分の住処であるマンダラ山を運ばせました。

亀の王・アクーパーラにマンダラ山を支えさせ (後世では、ヴィシュヌのアヴァターラである亀・クールマ) 、大蛇・ヴァースキを山に巻きつけ、マンダラ山を回転させる綱にします。その両端を神々とアスラが引っ張りあうことで山を回転させ、海をかき混ぜ始めました。

1000年間、海はかき混ぜられ続け、やがて乳海となり、多くのものが生まれました

太陽と月、ヴィシュヌの妻・ラクシュミー、宝石・カウストゥバ、白いゾウ・アイラーヴァタ、7つ頭を持つ白馬・ウッチャイヒシュラヴァス、酒の女神・ヴァルニーです。最後に、アムリタの入った白い壷を持った医学の神・ダヌヴァンタリが表れました。

アスラはアムリタを独占しようと企てますが、美女に変身したヴィシュヌの機転で、神々はアムリタを手に入れます。怒ったアスラは、神々に襲いかかりますが、その混乱の中で神々はアムリタを飲んでしまいました。

神に変装したラーフというアスラがアムリタを飲みましたが、それを見ていた太陽神・スーリヤと月神・チャンドラが神々に伝えたため、ヴィシュヌはラーフの頭を円盤 (チャクラム) で切り落とします。

それ以来、ラーフは頭だけが不死となり、スーリヤとチャンドラを恨んで、太陽と月を飲み込もうと日食と月食を引き起こすようになりました。

この乳海攪拌以降、アムリタを飲んだ神々は不死となり、飲んでいないアスラは死を免れなくなります

 

このように、ヒンドゥー教では神々の敵対者とみなされているアスラですが、同じアーリヤ人の宗教系列であるイランのゾロアスター教では、最高神として扱われています。

古代インドでの神々に相当するダイヴァの地位が下がり、反対に、アスラに相当するアフラが最高神となったのです。

また、仏教に取り入れられた際、「阿修羅」という漢字を当てられ、釈迦を守護する神になりました

 

一族の総称ではなく、個人の名前であることが多いアスラ・阿修羅

出典:capcom

アクションゲーム「アスラズラース」では、主人公として登場しています。国を守るために仲間から裏切られ、1万2000年の時を経て、復讐を遂げるために復活します。

出典:pixiv

ゲーム「テイルズオブイノセンス」では、主人公であるルカ・ミルダの前世の姿として登場。ヴリドラに育てられ、天上界と地上界を統一しようとしていましたが、志半ばで死亡し、ルカに転生します。

アスラ・阿修羅 まとめ

ヒンドゥー教では魔族、ゾロアスター教では最高神、仏教では釈迦の守護神であるアスラ。

多くの宗教でその姿を現していますが、どれひとつとして同じ立場ではありません。

その立場の違いは、それぞれの宗教における時代の流れや解釈を理解できるかもしれません。ある意味、アスラは時代の流れに翻弄された被害者なのかも。
 

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.