日本神話 神・英雄・怪人

天鈿女命(あめのうずめのみこと)、お多福になった日本最古の踊り子

投稿日:

天鈿女命(あめのうずめのみこと)とは天照大神(あまてれすおおみかみ)が天岩戸に閉じこもってしまった際に踊りを踊って天照大神の興味をひいた日本最古の踊り子。

その官能的な踊りが注目を集める、現代でも魅惑的な女性として知られています。『みちひらきの神』猿田彦大神の妻にして、おかめ(お多福)のモデルともなった女神様。

今回はその天鈿女命(あめのうずめのみこと)に注目です。

出典:pinterest


女神天鈿女命・天宇受賣命(あめのうずめ)

出典:pinterest

「あめのうずめのみこと」は『古事記』では天宇受賣命、『日本書紀』では天鈿女命と記されています。

岩戸隠れ』では、ユニークな踊りで窮地を救い天孫降臨の際には五伴緒の一柱として瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に同行。猿田彦大神の妻となり、名を猿女君(さるめのきみ)と改め、お多福のモデルともなった女神様。裸体をさらけて踊ることが注目されていますが、実は行動力を持った敏腕女神様。鎮魂の神」「芸能の祖神」として今も広く信仰を集めています。

『岩戸隠れ』の天鈿女命(あめのうずめ)

出典:pinterest

高天原を訪れた建速須佐之男命(たけはやのすさのおのみこと)は、田畑の溝を埋めて壊したり、御殿に糞を撒き散らしたりの乱暴を働き、それを怒った天照大神はついに天岩戸に引き篭ってしまいます。そのために高天原・葦原中国が闇に包まれ、さまざまな禍(まがい)も生まれます。そこで思金神(おもひかね)の案であめのうずめが天岩戸の前で踊ることになります。

「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき。」

ウィキペディア

桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りし、胸や陰部を晒して踊ります。それを見た八百万の神々は高天原が鳴り轟くほどに一斉に笑い出します。
これを聞いた天照大神は「自分が岩戸に篭って世界は闇になっているのに、なぜ、皆楽しそうに舞い笑っているのか」と怪しんで、天岩戸の扉を少し開け外の様子を伺います。

あめのうずめが「貴方様より貴い神が表れたので、喜んでいるのです」といい、天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)が天照大神に鏡を差し出し、天照大神がその正体を見るために岩戸をさらに開ける瞬間、隠れていた二柱が天照大神の手を取って岩戸の外へ連れ出します。

出典:pinterest

『天孫降臨』天鈿女命(あめのうずめ)

出典:pinterest

天照大神は孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に豊葦原瑞穂の国を治めるよう神勅を与えます。
瓊杵尊(ににぎのみこと)は天照大神の命を受け、葦原中国に降臨(天孫降臨)

この時あめのうずめは天児屋命(あめのこやね)、布刀玉命(ふとだま)、玉祖命(たまのおや)、伊斯許理度売命(いしこりどめ)と共に五伴緒の一柱としてににぎのみことに随伴して天降りしています。

そして高天原から葦原中国までを照らす、(一説では)後に夫となる、異様な風体の神猿田彦大神と出会います。

あめのうずめは天照大御神と高木神(たかみむすびのかみ)から名を問うよう仰せつかり、この時も、裸体を晒し、猿田彦大神にむかっていったと記されています。

「その胸乳をあらわにかきいでて、裳帯(もひも)を臍(ほそ=ヘソ)の下におしたれて、あざわらひて向きて立つ。」

ウィキペディア

「猿女君」と天鈿女命(あめのうずめ)

出典:pinterest

猿女君(さるめのきみ)は、あめのうずめを始祖とする、巫女にして神楽職を司り朝廷の祭祀に携わったとされる一族。「戯(さ)る女」の意味であると考えられています。

あめのうずめは猿田彦大神と婚姻を結ぶことでこの名になったと伝えられています

おかめ、お多福になった天鈿女命(あめのうずめ)

おかめ』は丸顔、鼻が低く丸い、頬が丸く張り出した女性の仮面。お亀、お多福、文楽ではお福、狂言では乙御前(おとごぜ)・乙(おと)と呼ばれます。これらは宮中の神祇官として神楽を行った女官、『猿女君』の始祖あめのうずめを起源としています

 

ちなみに「おかめ」「お多福」「乙御前」ともに見た目通りの醜女。起源となったあめのうずめが美形であったかの記述については定かではありません。

天鈿女命(あめのうずめ)の御神徳

日本最古の芸能の神天鈿女命(あめのうずめ)は「鎮魂の神」「芸能の祖神」として

  • あらゆる芸道の向上
  • 縁結び
  • 夫婦円満

の守護神として信仰されています。


露出があってもなくても「妖艶な踊り子(?)」、天鈿女命(あめのうずめ)

出典:pixiv

女神転生」のアメノウズメは癒し系、身軽、道祖女神という特徴を持つ、芸能の神というイメージの女神様。

 

「モンスト」「パズドラ」でも活躍

モンスターストライク

 

パズル&ドラゴンズ

 

出典:pixiv

戦国パズル』でのアメノウズメはうさぎの耳を持つ、妖艶(?)可愛い系ギャル(?)。進化すると『神懸かり・天宇受賣命』、『芸能の女神・天宇受賣命』になり、露出度も上がってゆきます。


愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記


現代語古事記

 

天鈿女命(あめのうずめ)まとめ

出典:pinterest

猿田彦大神(さるたひこ)と天鈿女命(あめのうずめ)が夫婦であったとすれば、お多福と天狗も夫婦の仲ということになるのでしょうか。ちなみにおかめの相方「ひょっとこ」とは夫婦の関係ではないようなので、重婚にはなっていないようですが。。。

けれど、猿田彦大神との出会いの場で、名を聞くためになんで裸体を晒してむかってゆく必要があるのかが疑問。

余談ですが、筆者なら、もしそんな異性に近づいてこられたら、たとえ美形でも逃げます


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.