日本神話 現象・歳時記・その他

霜降(そうこう)10月24日とは。霜降の頃の風習や主な行事

投稿日:

霜降りと書いて霜降(そうこう)。霜降り肉のすき焼き、愛おしいです、なんて、そろそろ暖かい鍋物が嬉しく感じる頃。

木枯らしの吹く日にはコートの襟を立て、足早に吹きつける風を通り過ぎてゆきます。

街の街路樹はイチョウの葉の黄金色に、山間は見事な紅葉色に染まる頃。

日本の侘び寂びには秋の風情も似合います。

出典:pinterest


霜降

出典:pinterest

霜降(そうこう)は二十四節気の18番目。

現在の定気法では太陽黄経が210度のとき。

2019年の霜降は10月24日(木)および立冬(11月8日の前日)までの期間をいいます。

『暦便覧』でも「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」

朝の露が冷気によって霜となり、木々や葉にうっすらと浮かぶ白い結晶が美しく映える頃。

冷え込む早朝には冬の到来も感じられるようになります。

 

** 「木枯らし」と「時雨」 **

特にこの季節、霜降から立冬までの間に吹く強い北風を木枯らしといいます。

また、秋から冬にかけて降る一時的な雨を時雨(しぐれ)、初めての時雨は初時雨(はつしぐれ)といい、俳句での「時雨」は冬の季語になります。

出典:pinterest

** 紅葉狩り **

霜降の頃は各地で紅葉がもっとも鮮やかに映える季節です。

「紅葉狩り」は紅葉を鑑賞することをいいます。この趣向は奈良時代から広まったと伝えられ、「万葉集」や「源氏物語」にもその様が記されています。

 

** 紅葉前線 **

春の桜前線と同じに、秋の紅葉は9月頃に北海道大雪山から始まり、日本列島を南下します。

東北地方で10月、関東から九州に至っては11月〜12月初め頃が見頃を迎えます

葉が色付き始めてから見頃となるまでの期間はおよそ20日〜25日間

葉の色も褐色に変わるものを褐葉(かつよう)、黄色に変わるものを黄葉(こうよう、おうよう)、赤色に変わるものを紅葉(こうよう)と区別され、それを総称して「紅葉」と呼ばれます。

 

** 「落葉樹」と「常緑樹」 **

紅葉する木々の主な種類としては楓(かえで)、紅葉(もみじ)、ソメイヨシノ、ハナミズキ、ブルーベリーなど、意外と知られていない多くの種類があります。

紅葉とは葉が落ちる種類の木「落葉樹」が、葉が落ちる前に色が変わる現象をいい、これに対し、一年を通し美しい緑の葉が鑑賞できるものを「常緑樹」といいます。

 

秋になると山間部や観賞用の木々だけでなく、あぜ道に咲く草や低木の葉も紅葉するものがあり、それらは総称して草紅葉(くさもみじ)と呼ばれます。

 

「霜降」の頃、七十二候

初候(10月24日頃〜10月28日頃) 霜始降(しも はじめてふる):霜が降り始めるころ

霜は朝露が冷気で凍り、白く結晶となる現象。昔には朝に一面が白化粧している様が結晶が空から降るものと思われ、霜は『降る』と表現されます。

次候(10月29日頃〜11月2日頃) 霎時施(こさめ ときどきふる):小雨がしとしと降るころ

昔からこの頃に降る「初時雨」は動物が冬支度を始める合図だと伝えられています

末候(11月3日頃〜11月7日頃) 楓蔦黄(もみじ つた きばむ):もみじや蔦が黄葉する

日本列島が美しく紅葉する季節です。

 

「二十四節気」とは

24節気-1

出典:pinterest

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

encyclopedia.aceplanning

 


霜降の頃の行事

出典:pinterest

紅葉の便りも気になるころ。各地で菊の品評会なども盛んです。

「紅葉の名所」として知られるのは青森県の「奥入瀬」や栃木県の「日光」、「京都の社寺」など。

「草紅葉の名所」としては、山口県の「秋吉台」や高知県「四万十川」など。

 

「酉の市」11月8日・20日

出典:otorisama

「酉の市」は11月の酉の日に行われる祭礼に立つ市。

来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁昌を祈願し、関東地方各地の社寺で行われます。

 

「刻の子」11月10日(日)(2019年)

亥の子とは、十二支の亥の月の最初の亥の日、旧暦10月の亥の日、亥の刻(午後9時~11時)に田の神様をお祀りする収穫祭。「亥の子祭り」や「亥の子の祝い」ともいいます。

中国から伝来した風習。亥の月の亥の日、亥の刻に穀物を混ぜた餅を食べ、無病息災を願います。

 

霜降 まとめ

出典:pinterest

秋は歌(唄・詩)になります。時雨、木枯らし、街路樹。子供の頃の童謡から、流行りの歌まで。特に郷愁や失恋ソングが似合います。

それだけ、物思いに耽る頃。

去り行く時を惜しみながらも、ホクホクの焼き芋が恋しく思えて、、、ヤバイ!


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.