TV 日本神話・伝説 武器・アイテム・技

『7SEEDS』(セブンシーズ)、3/26 セカンドシーズン開始! ―季語とはー

投稿日:

星4

『7SEEDS』(セブンシーズ)は18年の期間、壮大で奇抜な構想で熱い読者に支持される感動作。そのアニメのセカンドシーズンが3月26日スタートします。

支持者からは「後世に語り継がれる大傑作」と評されるまでの大作。

少女漫画の域を超えたその壮大な構想とは。


『7SEEDS』(セブンシーズ)の見どころ

出典:animatetimes

INTRODUCTION

少女ナツが目を覚ますと、辺りは海。

突然荒れ狂う海に放り出された彼女は、嵐と蟬丸、牡丹と共に島へと辿り着く。」

その島には未開のジャングルが広がり、巨大化した植物や、凶暴化した動物や昆虫に次々と襲われ、死と隣り合わせのサバイバル生活へと放り込まれる。

そんな中、ガイドだと名乗る人物より信じられない計画の話を聞かされる。

それは、人類絶滅を回避するため、若く健康な人間を冷凍保存し、災厄が過ぎ去った後の世界に人類の種を残そうという壮大な計画「7SEEDS計画」の話だった。

彼女らはその計画に選ばれた人間なのだと初めて知り愕然とするのであった。

「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく。

公式サイト

 

近未来SFサバイバルストーリー

巨大隕石が地球に衝突し、人類は滅亡する。この最悪な予測に対し、政府は策を講じた。それが「7SEEDS」計画。

才能ある若い男女を選抜し、7人1組で5つのチームを作り、冷凍保存によって人類の種を残すというものだ。

やがて、未来の世界で目覚めた若者たちは、苛烈な環境にさらされ、仲間との別れや出会いを繰り返しながら、懸命に生きようとしていた———

flowers.shogakukan.

 

出典:pinterest

『7SEEDS』(セブンシーズ)は田村由美原作、2001年〜2018年の18年にわたり連載された漫画作品。NETFLEXにおいてアニメ化放映。そのセカンドシーズンが3月26日スタートです。

物語は「7SEEDSプロジェクト」に選ばれた5チーム「春・夏A・夏B・秋・冬」を構成する7人たちが平行して辿るオムニパス形式、複数の主人公が異なる視点で過酷なサバイバルを体験してゆきます。

出典:pinterest

各チームには、サポートをするための公務員のガイドが一人参加。

メンバーに選ばれた基準は、健康状態、生殖能力、家庭環境、容姿、ある分野に秀でている、など。そして、「名前に季語が含まれている」こと。

7SEEDS』(セブンシーズ)の魅力のひとつは、その壮大な構想の奇抜さ。

ある日突然目が覚めると、全く異なった異次元の世界に立たされたことの戸惑いと驚き。

視聴者も一緒に真新しい世界にいることに戸惑い、生き抜いてゆく緊迫感を体験してゆきます。

 

はるか未来に目覚めた点では「Dr Stone」と同じでも、その構想のリアル感という意味では全く別物。まさにSFサバイバルにミステリーがプラスされた醍醐味が圧巻です。


7SEEDS(1) (フラワーコミックスα)

季語とは

『7SEEDS』(セブンシーズ)の物語の中で、それぞれのメンバーの名前には必ず季語が含まれています。

その季語とは「季節を表す言葉」。俳句や時候の挨拶として、現在でも用いられます。

季語の歴史は古く、『万葉集』や『古今和歌集』など、発祥は平安時代後期から。

 

季語の使い方

季語を挨拶文に用いる場合、「拝啓・謹啓」などの頭語の後に、「~の候」や「~の頃」の〜の部分に入り、結びとなります。

  • 早春の候いかがお過ごしでしょう?
  • 紅葉の便りも聞かれる頃、
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます。    など

 

その季語は大きくは3つに分類されます。

事実の季語

その季節に起こる事柄によって決められた季語

  • 「雪」は冬に降るので冬
  • 「梅」や「桜」は春の季語になります
  • 「雷」や「夕立」は夏に起こることが多いので夏、
  • 「虫」は秋に泣くものが多く秋の季語となります。

指示の季語

事柄を表す名詞に季節を表す語句がついて季語となったもの。

「春の雨」「夏の夜」「虫の声」「冬山」など。

約束の季語

古来からの約束事で季節が決まっている季語

  • 「花」は桜の花(梅の花)を指し、「蛙」は鳴く声が聞かれる春。
  • 「夕立」・「雷」は夏。
  • 「虫」は虫の声が清しい秋。
  • 「小春」「年の瀬」は冬の季語になります。


『7SEEDS』(セブンシーズ)、気になるレビュー情報

出典:pinterest

インターネット上で見つけたレビューです。イマイチなレビューはアニメ化されたシーズン1の批評。酷評が多かったです。面白いのレビューはコミック誌の評価です。

いまいちなレビュー

心理描写が雑なんですよ。全く伝わってこない。
なんでそんな気持ちになって、なんでそんな行動につながったか。

全く共感できないシーンが多々。
特に主人公格の男女二人。
気でも狂ったのかな?と思わせる言動がしばしば。
しかも物語のターニングポイントで。
お話を転がすためのきっかけなんでしょうけど無理矢理すぎ 笑

作画というか動画がイマイチ。
キャラデザも微妙だし、走って行ってるのに身体の大きさがあまり変わらなかったり、
水に浮いている人の身体と水面の線が波打っておらず立体感もない一直線だったり、人によっては作画崩壊と評するかも。
ストーリーは長い話をよくまとめたとは思うけど
なんか悲壮感とか臨場感とか伝わって来ない。

3話まで視聴。
作画は顔とかは崩れないものの、動きが残念。
構成に関しては夏Bと春を切り替えながらやっていってるのに演出上の効果なく、かなり長い間関連しないのにぶつ切りで切り替えていくのも疑問。
アニメ化の質が低いなーってことで別に見なくていいやとなりました。

anikore

面白いのレビュー

設定、ストーリー、展開、キャラクター、すべてがおもしろすぎる。
当方男ですが、キンドルで無料で3巻まで読める機会があったので、
知り合いがダントツでおすすめしてたのを思い出しながら読みました。
もうおもしろすぎて読むのが止まらず、現在25巻まで読み進めてます。
ネタバレはしませんが、頼むから1巻だけでも読んでみてください。
はまりますよ。

世界観が好き。登場人物がほぼ10代の子ばかりなのは少女漫画だから仕方ないかもしれないけど、それを補って余りある話の勢いに圧倒されます。
いつか全巻大人買いします。

5チームの話(4巻までは3チームの話まで)がそれぞれ独立しているせいかBASARAの朱理や揚羽のように一貫してハマれるキャラクターがいない。。。ナツに先に感情移入してしまったせいか、花を応援できないし。。。田村由美先生の作戦なのか?個人的にはハルが一番好き!
夏チームはリアルなサバイバルで、春チームはエリート集団でイマイチ緊迫感がもてない。
4巻の冬のチーム好きな人が多いようですが、私には悲しすぎ。残り2チームはどんなだろう。

amazon

『7SEEDS』(セブンシーズ) まとめ

出典:pinterest

筆者はコミックで絶賛されていることを知らずにアニメで入りました。

まず、その構想の奇抜さに引き込まれ、いっぱいの謎に次のシーズンを待たなければいけないもどかしさを感じるほどに入り込めた作品です。

コミックファンにとっては物足りない部分が目立つのかもしれませんが、それを知らないアニメから入った者にとっては充分面白い見応えのある作品です。


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.