TV 現象・歳時記・その他

Amazon prime『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』 ―仮想現実とはー

投稿日:

星4h

アマゾンプライムで5月から放送がスタートした『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』、今、世界中で「面白い!」と評判の新作です。

舞台は仮想空間にある天国。死後そこにアップロードされた主人公ネイサンの生活や現実社会との繋がりをコミカルに描いた作品。

一見、目立たない地味な作品のようにも思えるけど、なるほどと思えるこだわりの細部に、現在や近未来がユーモラスに描かれる秀作です!


『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』の魅力

2033年の世界では、死が目前に迫った人々は6つのテクノロジー企業が経営する仮想現実のホテルに”アップロード”されることが可能となった。

金銭的に余裕のないノラはブルックリンで暮らしながら、贅沢な死後の世界、”レイクビュー”の顧客サービススタッフとして働いている。

ネイサンはロサンゼルスに住むパーティー好きのプログラマーで、彼の自動運転の車が事故を起こした際、彼は自己主張の強いガールフレンドにアップロードされて、仮想現実の世界で永久に過ごすこととなり、ノラと出会う。

アマゾンプライム

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』は2020年5月1日アマゾンプライムで放送開始。スタート直後から驚異的な人気を博し、早くもAmazonオリジナルドラマの人気作品のひとつに挙げられるようになります。

死の直前、脳のデータを仮想現実の世界にアップロード。仮想空間にもランクがあって、かける費用で待遇が変わるというもの。

“課金”システム、調理も3Dプリンターで行われ、人の評価も星の数で決まるなど、今のネット環境、資本主義の社会構造、近い将来あり得る生活の変化が随所に描かれ、それを垣間見るのが最高に楽しい。

主人公ネイサン役にはロビー・アメル、ネイサンの恋人役はノラーアレグラ・エドワーズ、仮想世界でのネイサンのガイド役になるのはアンディ・アロー。

制作は「ジ・オフィス」で知られるグレッグ・ダニエルズ。

笑える近未来を描いたSFコメディドラマ「アップロード」、近未来を舞台に、ミステリーやブラックな要素も含まれていながら、全てをコメディーやユーモアで包んで、軽いタッチで楽しめる作品。公開後の1週間で早くもシーズン2の製作も決定。

思わず独特の世界に引き込まれ、一気見てしまう面白さ。

シーズン2の放送が待ち遠しくなる秀作です。

 

ただし、お子様には刺激の強すぎる描写も含まれているので、ご注意ください。

 

仮想現実とは

出典:pinterest

「仮想現実」VRとは

「Virtual Reality」(バーチャル:仮想・リアリテー:現実)の略。

PCにある「仮想世界」が現実であるように体験する技術をいいます。

現代では映像による視覚や音による聴覚以外にも、触感・臭覚・味覚、五感に訴えかける工夫がなされ、意識の上では現実世界を体験しているように受け止められます

1930年代、飛行機のシミュレーターに用いられたことが起源であるといわれる、以外に古い技術。

現在、ゲーム用のコントローラーなどへの実用化以外にも、産業ロボットの遠隔操作や各種の操縦シミュレーションなど、幅広い分野への応用研究が進められています

 

日本バーチャルリアリティ学会でのVRとは、

人間の五感を拡張して、現実に近い臨場感のある状況を構築すること」と定義されています

 

類似技術

「拡張現実」AR

拡張現実」ARは「Augmented Reality」(Augmented:付け加える、増やす・Reality:現実)の略

現実世界に仮想現実を反映(拡張)させる技術現実の記録とCGの映像を合成することで、現実にいるように思える仮想空間を作り出すことをいいます。

VRが「新たな仮想空間」を作り出すのに対して、ARは現実にCGなどで作るデジタル情報を加えることでより効果的な空間を演出します。

 

「複合現実」MR

「複合現実」MRとは「Mixed Reality」(Mixed:複合、 Reality:現実)の略。CGで人工的に創作された仮想空間と現実世界を重ね合わせて体験できる技術です。

現実世界の情報を仮想世界に反映させることも可能となり、同じ空間にいる複数の人間が同時に同じ情報を得ることができたり、現実の行動が仮想世界でも同じになったり、現実と仮想空間が相互に影響し合うことになります。

 

「代替現実」SR

「代替現実」SRは「Substitutional Reality」(Substitutional:置き換えの、 Reality:現実)の略。現実世界に過去や創造上の映像を差し替えることをいいます。昔の出来事や創造された現実が目の前で起きているように感じられます。


『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』気になるレビュー情報

アマゾンプライムのレビュー情報です。 イマイチが少ない、ほとんど5つ星に近い高評価です。

イマイチなレビュー

デジタルの人間が存在したとしても、仮想現実なわけで、VRで抱き合えるわけありません。好きだ嫌いだって、人間とVRがだんだんエスカレートしていく関係もありえません。ありえないからエンターテイメント性があるのかも知れませんが、、
最初は面白いのかな、、って期待しましたが、未来になってもこれは無いですね。
手の電話も、何?さらに、VRの人間が、現実社会のビルのエレベーターを遠隔操作できちゃうの?
残念ながら見てしまいましたが、時間の無駄でした。もっと現実の方のストーリーと絡めたら良かったのかも知れません。

デジタル死後の発想や設定が面白く、主人公がどうしてこのデジタル死後世界に来てしまったのかの謎をもっと深く追ってほしいのに、恋愛要素や性的なコメディ要素が頻繁&単調すぎてちょっといらなかったです。

サスペンス割合を増やしてくれたらもっと名作だったのにな…シーズン1だけだとオチが消化不良なので2がないと話の全貌は見えません。

飽きることなく見続けられました。
しかし、とにかく途中で終わる感が半端ない!
全体を通して言うと人間の魂を移送する手段が、単なるデータのように見えて実感がわかなかったです。
なんとなく死が軽い感じがしてしまう。
まあでもコメディーチックな要素もあるのでこういうのもありだとは思いますね!

 

面白いのレビュー

すごい技術がどうというより、SFの世界観での人間関係が面白い。
現実世界の陰謀と仮想世界での奮闘。
毎回楽しくすぐに10本観てしまいました。
早くシーズン2を!

レイティング表記が見当たりませんが一部刺激の強い表現もありますのであまり子供には向かない作品かもしれません
内容は現実での死と引き換えにオンラインサーバー上へ人間の意識を移しそこで生きることができ、生存者との交流もできるシステムが開発されたという話です。
映画ならマトリックス、アニメなら攻殻機動隊といった肉体とは別に意識の存在が可能な作品がベースとして近いです。
と言ってもアクション作品ではなく笑える要素が多く盛り込まれていて完璧な超未来的システムなどではないことが本作の魅力だと思います。
好きなジャンルなら後悔しませんので是非!

自動運転の交通事故で亡くなったネイソン(主役)は、ホライズンという会社が提供しているサービスを通して記憶を仮想空間へアップロードする。初めて経験するバーチャルな死後の世界に戸惑いや喜びを感じながら、少しずつ順応していく様子を描いたドラマ。

仮想空間と現実世界の境界を感じさせないような社会が描かれている。
「いずれ、こーゆー世界になっていくんだろうなぁ」と感じながら見ていると非常に面白い。
日本はデジタル社会への対応が遅いからまだまだ先のことなんだろうけど、世界では当たり前になる日もそう遠くないような気がする。

仮想空間での生活、人体の冷凍保存、3Dプリンタでの料理注文など、今は非日常的なことかもしれないが、将来は日常的になっているかもしれない。

自由な発想力と豊かな想像力のある方なら見ていてとってもワクワクできると思う。

 

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』 まとめ

「アップロード」の近未来では、車にはハンドルがなく、料理も3Dプリントされて出来上がってくる。

こんな未来が実際に起こり得るから、なんかコワイ。

「アップロード」は面白おかしく軽く見流して、終わった後になぜがドッと心に残る重みがあるドラマなんだと感じました。

by pam(神伝編集部)

Copyright© 世界の神話・伝説 , 2020 All Rights Reserved.