ギリシャ神話 神・英雄・怪人 怪獣・魔物・妖精

キルケ―、かわいい魔女? オトコを獣に変えて飼いならす半神の美女

更新日:

キルケーー1

ギリシャ神話に登場する魔女キルケーは女神でもある美女。か、女神が魔法を操るという方が正確かも。とにかく、好みの男をさらい、弄んで飽きたら獣に変えてペットとして飼いならす、なんて、奔放すぎる所業の持ち主。

そんなキルケーの悪女な振る舞いとは。。

画像出典:art.pro.tok2


好みのオトコはゼッタイゲット! 魔女キルケー

キルケーー2

出典:mementmori

キルケーは太陽の戦車を駈る太陽神ヘリオスと女神ペルセーイスの娘。魔術と薬学に優れ、薬で人間を動物や魔物に変えることができる美しい半神の魔女。本来は月の女神あるいは愛の女神であると考えられています。

キルケーー3

出典:mementmori

キルケーはその歌声と美貌で男性を虜にします。アイアイエー島に住み、好みの男性を見つけると連れ帰ります。弄んだのち、飽きると狼・ライオン・豚などの獣に変え、ペットとして身近において飼い馴らしていたといいます。

スキュラとキルケー

キルケーー4スキュラは上半身は美しい女性ですが、腹部から6つの犬の首が生え、下半身は魚という奇妙な姿をした怪物。もとはシケリア島に暮らす美しいニュムペーでした。

かつては多くの男性が彼女に求婚しましたが、スキュラは恋愛や結婚に興味がありませんでした。そんなスキュラを慕う男性の中に、グラウコスという海神がいました。彼は長い髪、海の様に真っ青な身体、脚の代わりに魚の尾の生えた奇妙な姿の持ち主。

スキュラはグラウコスの姿に恐れ、彼を拒みました。

スキュラを諦めきれないグラウコスは、魔女キルケーに惚れ薬を作ってくれるよう依頼します。けれどキルケー自身がグラウコスを見初め、嫉妬心からスキュラを怪物に変えてしまうのです。

スキュラの住むシケリア島に、スキュラが水浴びをするお気に入りの小さな入江がありました。キルケーはその入江の水に毒薬を流します。それを知らずスキュラはいつものように入水、腰まで浸かったところで異変が起こり、水に浸かった腰までが怪物の姿に変わってしまっていました。

出典:art.pro.tok2

スキュラは自分の変わり果てた姿に嘆き悲しみ、周囲を恨み、性格まで凶暴に変わってゆきます。グラウコスも変わり果てたスキュラを悲しみ、彼女にそのような仕打ちをしたキルケーのもとを去りました。

オデュッセウスとキルケー

キルケーー5

出典:mementmori

ホメロス『オデッセウス』で、トロイア戦争の後オデッセウス一行はキルケーの住むアイアイエー島にたどり着きます。

キルケーの宮殿にはライオンや狼、イノシシなど凶暴な動物が飼いならされていました。その獣たちはキルケーの魔術のよって動物に変えられたキルケーの餌食となったオトコたちです。

キルケーはオデュッセウスの乗組員にも魔法のご馳走を振舞い、キルケーの杖で触れ、ひとりづつ、全員を豚に変えてしまいます。オデュッセウスだけが、ヘルメースから貰った魔法を打ち消す効力のある薬草モーリュによって豚に変えられずにすみました。

オデッセウスはキルケーに仲間をもとの姿に戻すよう命じます。

けれど、オデッセウスもまたキリケーの魅力の虜となり、1年ないしは3年その島に留まることとなります。

キルケーー6

出典:mementmori

ようやく部下たちの声にわれに返ったオデュッセウスはキルケーと別れ、出立。

キルケーは、セイレーンの海域では歌を聴いてはならないこと、その後海の魔物カリュブディスの渦巻きと怪物スキュラーのどちらかとの遭遇を選ばなくてはならないことを忠告します。

オデッセウスたちはまずセイレーンの海域にたどり着きます。

そしてキルケーの忠告に従い、船員たちは耳栓をし、オデッセウス自身は身体を帆柱に縛り付けてセイレーンの歌を聴きました。

そして怪物スキュラーとの遭遇。船員6人がスキュラーの餌食となりましたが、なんとかその場から逃れることができます。

 

キルケーの系譜についても他の多くの神々同様、様々な説があります。一説では魔女メディアの父アイエーテスや、ミノタウロスの母パシパエと兄弟である。また異説ではメディアとともに魔術と冥府の女神ヘカテーの娘とも伝えられています。


神姫やサーヴァントにもなるキルケー

キルケーー7

出典:神姫プトジェクト攻略

神姫プロジェクト」でのキルケーは自らの欲望を満たすために男を誘惑する神姫。その振る舞いから、懸賞金までかけられている悪女。

 

Fateシリーズ」のキルケーはヘカテーと共に、魔女メディアの師匠とされるサーヴァント。自分を頼りにしてくれる人間の男性をご馳走としています。

 

キルケー まとめ

キルケーー8

出典:mementmori

好みのオトコを魔法の力で虜にして飼いならす、これってハッキリ言って反則技ですよね。

人の心はままならないから、人は恋愛に命までかける。好き放題に手に入れて、それで満足できるのかは疑問。

けれど、獣に変えられたオトコが全て不幸でいるかどうかも???、 かな


Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.