日本神話 神・英雄・怪人

日本武尊(ヤマトタケル)-1 白鳥になった太古の英雄

更新日:

日本神話に出てくる日本武尊(ヤマトタケル)をご存知でしょうか。

手塚治虫の不朽の名作「火の鳥・ヤマト編」やスーパー歌舞伎の演目でも記憶に新しい、日本の太古で最も有名な英雄。最近ではスマホゲーム「モンスト」などでもお馴染みです。

今回はその日本武尊(ヤマトタケル)のご紹介です。

画像出典:Bing

美形でありながら力もある皇子英雄ヤマトタケル

出典:pinterest

日本武尊(ヤマトタケル)は、第12代景行天皇の第二子。幼名を小碓命(おうすのみこと)といい,兄の大碓命(おおうすのみこと)とは双子の兄弟として生まれました。

出典:pinterest

生まれた頃から怪力無双だった小碓命(ヤマトタケル)は、父の寵妃を奪った兄大碓命に対する父天皇の命令を誤解し、兄を捕まえ押し潰し、手足をもぎ取り、薦(むしろ)に包み投げ捨て殺害してしまいます

小碓命(ヤマトタケル)16才のとき,タケルを疎ましく思う父景行天皇は九州の熊襲(くまそ)を平定するように命じます

出典:ウィキペディア

熊襲建の祝いの宴が催された際、小碓命は少女のように髪を結い,童女に扮して宴に潜り込みます。上機嫌になっている兄弟に近づき、色白で美しい小碓命に熊襲建の兄が自分の膝の上に抱きかかえようとしたとき,小碓命は隠し持った短刀で兄を一気に斬り殺してしまいます。

その後逃げる熊襲弟も見事征伐します。弟は息耐える間際に「九州で我ら兄弟より強いものはいない、そなたは日本武尊(日本で最も強い男)だ。と最期の言葉を放ち死んでいったといいます。日本武尊(ヤマトタケル)の名はそこから由来しています

征西事業を成功させ、大和へと帰ったヤマトタケルでしたが、景行天皇はすぐさま東征事業を命じてヤマトタケルを大和から遠ざけます。

出典:Bing

様々な困難を乗り越え東征事業も終盤となった頃、伊吹山の神が暴れていると聞いたヤマトタケルはその討伐に向かいます

しかし、山の神が起こした荒れ狂う吹雪に体力と精神力を奪われたヤマトタケルはそのまま山中で失神、山の神を斃せぬまま下山します。ヤマトタケルは病を患い、故郷・大和を目指すしますが、途中能煩野(三重県亀山市)でついに力つき、亡くなります。享年30歳。

彼の薨去後、彼の妃や子供たちは伊勢に御陵を作って彼を弔い、その周りで彼を偲んで歌を詠みあげたといいます。

すると、ヤマトタケルは白鳥(しらとり)となって空を舞い、その後何処かへと去っていったと伝えられています。



美形でやんちゃなヤマトタケル、悪役だってはまり役?

出典:Bing

ヤマトタケルといえば有名なだけあり様々なゲームやアニメ、映画などにでてきますが、有名なスマホゲーム「モンスト」に出てくるヤマトタケルはイラストだけで彼を物語っているようにも思えます。

右手に持っているのは「草薙の剣」美形な顔立ち、また水属性というのはおそらくオトタチバナヒメノミコトとの水難による入水のエピソードの事を思っての設定でしょう。敵キャラとして出てくるのはおそらく彼の気性の荒い面を考慮してのことと思います。

また、こちらも人気スマホゲーム「パズドラ」にもヤマトタケルは出てきますが、パズドラでは火属性ですね!そちらは天叢雲剣を草薙の剣に改名したときのエピソードを取っての設定でしょう。


ヤマトタケル(1)【電子書籍】[ 安彦 良和 ]


ヤマトタケル (山岸凉子スペシャルセレクション) [ 山岸凉子 ]

まとめ

出典:Bing

日本神話に出てくる美形かつ気性の荒いヤマトタケルはその強さから半神半人としても扱われています。

素戔嗚尊ともクロスする天衣無縫なその様はいかにも荒神。恐ろしくもありますが、頼もしい太古「大和の英雄」です。



Copyright© 世界の神話・伝説 , 2019 All Rights Reserved.